« 七月大歌舞伎「船乗り込み」(淀屋橋~東横堀川編) | トップページ | 七月大歌舞伎「船乗り込み」(東横堀川~松竹座編) »

2007年7月 5日 (木)

包括的な視点から環境保全を―コスモス国際賞

 1990年に大阪で「国際花と緑の博覧会」(通称、花博)が開催されたことをご記憶の方は多いでしょう。その会場は現在、花博記念公園(鶴見緑地)として親しまれていますが、もう一つ、その理念を継承して行われている「コスモス国際賞」のことはご存知でしょうか?

 花博の基本理念であった「自然と人間との共生」に寄与する研究活動・業績に対する国際的な顕彰事業で、1993年から続けられ今年で15回目を迎えます。その受賞者が6月11日に発表されました。

Mace_001_resized  2007年の受賞者は、ロンドン大学教授のジョージナ・メイス博士。絶滅危惧種を特定する科学的基準の立案、「レッドリスト」の作成など、環境保全のための全地球的な取り組みや、生態学や遺伝学から政策まで視野に入れた包括的な取り組みが評価されたものです。授賞式は、来る10月4日にいずみホール(大阪市中央区)で行われます。

【参考】財団法人国際花と緑の博覧会記念協会 http://www.expo90.jp/index.html
コスモス国際賞 http://www.expo-cosmos.or.jp/
(2007年受賞者紹介 http://www.expo-cosmos.or.jp/jusyou/2007.html

|