« 日本一おもしろい国へ | トップページ | 住吉大社の御田植神事 »

2008年6月17日 (火)

第25回 文楽鑑賞教室

大阪が誇る伝統芸能「文楽」を見たことありますか?
敷居が高いとお考えの方に朗報です。国立文楽劇場で文楽鑑賞教室が開催されています。

詳しい日程については、国立文楽劇場のWebサイトを参照してください。

Photo_12第25回目の今回は牛若丸の家来に武蔵坊弁慶がなるという有名な五条橋での物語、「五条橋」と明智光秀を主人公にいわゆる三日天下を描いた「絵本太功記」から夕顔棚の段と尼崎の段が上演されました。
また、五条橋と絵本太功記の合間に「文楽へようこそ」という文楽の解説を見れるのがこの文楽鑑賞教室の良いところです。

解説は、太夫(たゆう)、三味線、人形遣いのそれぞれの役割を実演を交えて解説してもらえます。特に人形の仕組みや操り方、三人で操ることの難しさなどがよく解って非常に面白い内容です。

よく知られたストーリーとわかりやすい解説で文楽の面白さが伝わること請け合いです。

文楽鑑賞教室は、関西元気文化圏の共催事業です。

また、インターナショナル・ワークショップ・フェスティバル2008 [100 DOORS]で、文楽を楽しむ~文楽の世界へようこそ~、という体験型講座を行いますから文楽鑑賞教室に行きそびれた方はこちらへの参加も!!

by RO

|