« ゲストハウスからみえる大阪(1) | トップページ | ゲストハウスからみえる大阪(2) »

2008年8月12日 (火)

暑気払いにショート映画はいかがですか~

エッセイスト 武部好伸

 昨今、ハリウッド映画を中心にCG映像を多用したアクション大作が目立ってきています。上映時間が3時間を超える作品もザラです。でも、喜劇王チャップリンの初期の短編コメディーに象徴されるように、映画の原点は短編にあるとぼくは思っています。限られた時間のなかで物語を収斂させ、ポイントを突いた映像でテーマをきちんと伝える。そこに映画の要素がすべて詰まっていると思えるからです。しかし残念ながら、短編映画を観る機会がひじょうに少ない。

Photo  19日~24日、大阪・梅田HEP FIVE8階のHEP HALLで開かれる「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2008 特別上映 in 大阪」は、短編映画の醍醐味を知り得るビッグイベントです。アメリカのアカデミー賞公認の映画祭で、今年が10回目。大阪では7回目を迎えます。

 世界中から集まった3000本のなかから選りすぐった約70本が上映されます。映写時間は1分~25分。アジアの優秀作、ブラジルの作品、韓国のミュージック・クリップ、アカデミー賞短編実写部門の受賞作とノミネート作、地球温暖化に警鐘を鳴らす作品など多岐にわたっています。ほとんどが無名のクリエーターの作品で、この映画祭が彼らの登竜門になっているといわれています。サンプルのDVDを拝見しましたら、山椒のようにピリリと効いた作品ばかり。

Photo_2  第2次大戦中のドイツでユダヤ人の子と心を交わす息子のあどけない姿を描いた『Toyland/おもちゃの国』(独、13分52秒)の心理描写の素晴らしさ。ハリウッドのスター、レオナルド・デッカプリオがプロデュースし、ナレーションも務めている「ストップ!温暖化部門プログラム」のドキュメンタリー映画『グローバルウォーミング』(米、4分43秒)のメッセージ性の強さ。どれも短編ならではのキレの良さがあります。

 大阪の夏の風物詩として、この映画祭が定着するよう願って止みません。この機会にぜひ“映画のなかのもうひとつの映画”を堪能してください!

 問い合わせ:大阪ショートショート実行委員会(℡06-6131-0155)。公式サイト:http://osaka.eigasai.com/

|