« 大阪の川と橋 | トップページ | 「御堂筋kappo」に朝原選手がやって来る! »

2008年9月29日 (月)

ゲストハウスからみえる大阪(4)

ゲストハウス由苑 椎野 佳奈

Vol4_3

Vol4. なぜ大阪にやって来る?

外国から日本にやってくる個人旅行者を見ていて一番おどろいたのは、いかに関空発着のフライトを利用する人が多く、そして新幹線(のぞみ以外)からバス&フェリーまであらゆるJRが乗り放題可能な「JRパス」を利用する人々が多いか、ということです。

発着地に関空を利用するにはもちろんいろんな理由がありますが、「日本で行きたい観光地」に行くには関空を拠点とするのが便利だということも、大きな理由のひとつではないかと思います。

実際、うちの宿に滞在しながら日帰りで大阪近郊のみならず姫路・広島・直島…名古屋や金沢にまで日帰りする人たちもいます。
“JRパスを持っていれば怖いモノなし”という勢いです。

“大阪にどうしても来たかった”残念ながらそういう人はあまり見かけません。
そういう人たちが大阪にやってくる主な理由を挙げると…

 ・フライトが関空発着だから(大多数)
 ・次の目的地への中間地点にあり、大都市だから立ち寄ってみる
 ・大物アーティストのライブや、Summer Sonicなどの野外フェスティバルのため
 ・ショッピング&USJ目的(主に日本人&アジア系旅行者)
 ・大阪文化や雰囲気が好きだから(主に日本人のリピーター)
 ・京都の宿が取れなかったから
 ・各種ライブやイベント出演のため
 ・Tadao Andoの建築を見るため
 ・自転車やバイクで日本横断している途中に立ち寄る
 ・大阪発の沖縄や中国行きのフェリーに乗船するため

※あくまでも個人旅行者でうちのようなゲストハウスに泊まる層を見ての傾向ですが

こう見ていると、旅行者を抱えるために大阪が持っているスゴイところというのは

 ・まず関空があること!(観光地としての大阪の宝物だと私は勝手に思っています)
 ・そして立地的に関西の真ん中(しかも京都のとなり)に位置していること
 ・日本人を惹きつける文化(人情やお笑いや大阪弁)があること
 ・西日本最大の都市なので大きなイベントやコンサートが充実していること i.e..

これらの"スゴイ"要素を最大限に生かしつつ、「大阪には用事があって来たけど実際はおもしろいことがいっぱいあった」と言ってもらえるような街にしていくことが、大阪を本当に魅力のある観光地とするために必要なことだと思っています。

|