« ゲストハウスからみえる大阪(6) | トップページ | ドイツ・クリスマスマーケット2008 »

2008年12月 9日 (火)

師走の「占い」商店街

エッセイスト 武部好伸

 デパートやショッピング・モールは日常とはまた違った世界を味わうことができ、“よそ行き”の気分で買い物に出向くにはちょうどいいですね。でも、ふだんちょっとモノを買うにはやはり商店街となるでしょう。幼いころ、空堀商店街(中央区)の近くに住んでいたこともあって、ぼくは庶民感覚あふれる商店街が大好きです。千林(旭区)、針中野(東住吉区)、天神橋筋(北区)、今里(東成区)……など大阪の商店街はほとんど踏破したつもりでしたが、先日、重要なスポットを行き忘れていたことに気づきました。「売れても占い」で知られる福島聖天通商店街(福島区)。

Uranai01  JR大阪環状線福島駅の北側から西へ300メートルほど伸びている商店街で、100店舗以上が軒を連ねています。ノスタルジックなたこ焼き屋や書店があるかと思えば、シャレたイタリアン風のワイン・バーがあったりして、新旧なかなかうまく融合しています。この道は、西天満から兵庫県の尼崎へ通じるかつての大和田街道・梅田街道。近くにある聖天さん(聖天了徳院)への参道でもあり、それが商店街の名前につけられています。

 平日の昼下がりなのに、思っていた以上に人通りがありました。それも若い女性が目立つ。「3年ぶりの恋が実るかどうか」、「就活、どんなジャンルにチャレンジしたらええのか迷ってます」……といった具合に彼女たちはほとんど占い目当て。いやいや、青年もいた。訊くと、「日本経済の先行きを知りたくて」。う~ん、ぼくも知りたい。

Uranai02  6年前、20人の占い師を集めた企画がヒットし、「占い」商店街として今日に至っているそうです。なんでも水野南北という江戸時代の易相学の大家が聖天さんに篤く信心してはったそうな。こうした地元の歴史から、占い=集客にもっていったところがなんともよろしいですなぁ。まさに企画力さまさま。

 平日は2か所で、金曜日は4か所で「占い館」がオープンしています。第4金曜日は「占いデー」ということで、20人ほどの占い師が来はるといいます。今月は26日。ぼくは来年の運勢を占ってもらうのがなんだか怖くて……。アカンタレです。
そんなこんなで2008年も終わりに近づいています。良いお年をお迎えくださ~い!

|