« 第4回関西元気な地域づくり発表会 | トップページ | 平成21年度「大阪文化祭参加公演募集中 »

2009年3月 9日 (月)

大阪アジアン映画祭2009へどうぞ~

エッセイスト 武部好伸

 大阪は、昔からアジアと深い関わりがあります。古くは奈良時代、中国や朝鮮など東アジアの国々との交易拠点として栄えました。そのころ難波津と呼ばれていた~と小学生のころ郷土史の授業で習ったことを覚えています。

 近代になってからもアジア諸国との貿易が主軸となり、大阪で暮らすアジア系の人たちも増えてきました。西に向かってひろがる大阪湾は、「アジアへの玄関口」にも見えます。

Untitled_5  こうした歴史を踏まえて(ちょっとたいそうかな?)、今月13日~22日、「大阪アジアン映画祭2009」が開かれます。今年で4回目。べつに開催されていた「おおさかシネマフェスティバル2009」と統合して、文字通り、大阪とアジアに焦点を絞った映画祭です。

 中国、台湾、香港だけでなく、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシアといった東南アジアの映画が上映されます。日本(あるいは関西)初公開作ばかり。大阪出身の若手女性監督、瀬田なつきさんのデビュー作『彼方からの手紙』はぜひ観たいと思っています。

Untitled2_4

 全国を見渡しますと、ほんとうに映画祭がいっぱいありますね。アジア映画関係をネットで調べたら、福岡アジア映画祭、ぎふアジア映画祭、長岡アジア映画祭、江ノ島アジア映画祭……とぎょうさん出てきます。福岡アジア映画祭はすでに22回開催と実績があります。

競合するんとちゃうやろか~。ちょっぴり心配してしまいますが、それぞれに特色を出しているようなので、べつだん問題ないのでしょう。アジアに位置する日本は、当然ながら、アジアと切っても切れない関係にあるということです。

大阪は大阪独自の色を打ち出せばいいと思います。アジアのインディーズ映画を上映する「アジアン・ミーティング大阪2009」なんて、インディーズ映画の拠点ともいえる大阪ならではのイベントです。

「継続は力なり」……。この映画祭が大阪のブランドとして定着し、末永く続いていくことを念じています。

映画祭の詳細は、公式サイトhttp://www.oaff.jp:80/で。

|