« 【ご報告】平成24年度大阪文化祭賞贈呈式 | トップページ | 【ご報告】アートストリーム2012 ~大賞は小松原智史さん~ »

2012年10月11日 (木)

【ご報告】はなやか関西~文化首都年~2012 「人形浄瑠璃」フォーラム

Photo_6

 10月6日、大阪歴史博物館にて、『はなやか関西~文化首都年~「人形浄瑠璃」』実行委員会が主催する「人形浄瑠璃」フォーラムが開催され、約200名の参加者が集まった。

 初めに、主催者を代表して、近畿地方整備局建政部長の山田俊哉氏が挨拶をし、「はなやか関西」の事業説明を行った。

 続いて、神戸夙川学院大学教授で、『はなやか関西~関西文化首都年~2012「人形浄瑠璃」』実行委員長を務める河内厚郎氏が開会挨拶を行い、「大阪で誕生した浄瑠璃が京都や江戸をはじめ全国的に普及し、それに伴い、浄瑠璃言葉として用いられていた大阪の言葉が当時の町人社会の共通言語となっていった」ことに触れ、「浄瑠璃が近世国民的な文化だった」と語った。そして、「この国民的な財産を今後も守りながら普及させることが大切である」と述べた。

 基調講演では、神戸女子大学古典芸能研究センター長の阪口弘之氏が「関西から結ばれる日本のこころ~街道の人形浄瑠璃~」と題して講演し、人形浄瑠璃の成り立ちにはじまり、人形浄瑠璃が写実芸・人間劇として発展したその足取りや、都市芸能の観点からみた当時の道頓堀における人形芝居興業などについて解説した。

 その後、『関西の本物「人形浄瑠璃」を活かした魅力発信・文化首都圏の形成』をテーマとした学生研究発表や、大阪市立大学大学院准教授の久堀裕朗氏による演目解説、南あわじ市立南淡中学校 郷土芸能部による「日高川入相花王 渡し場の段」の実演、そして最後に、文楽公演「梅川・忠兵衛~『傾城恋飛脚』新口村の段より~」が上演され、参加者は人形浄瑠璃への知識を深めるとともに、その魅力を堪能した。

Pa060153_5
神戸夙川学院大学教授 ・ 『はなやか関西~文化首都年~2012「人形浄瑠璃」』実行委員長 河内厚郎氏

Photo_12
神戸女子大学古典芸能研究センター長 阪口弘之氏
                                                    以上

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210637/55865633

この記事へのトラックバック一覧です: 【ご報告】はなやか関西~文化首都年~2012 「人形浄瑠璃」フォーラム: