« 【ご案内】平成27年度助成事業 申請書受付開始! | トップページ | 【ご案内】54th TOYO Collection(11月15日) »

2014年9月18日 (木)

【ご案内】クラシック入門番組『エンター・ザ・ミュージック ~音楽はお好きですか?~』10月7日に放送開始 司会は関西フィルの藤岡幸夫さん

Img001_5

 クラシック音楽の魅力を紹介し、新しいファン層を拡げていくための音楽情報番組『エンター・ザ・ミュージック ~音楽はお好きですか?~』が、テレビ東京系のBSジャパンで107日(毎週火曜23:0023:30)から放送されることになり、このほど制作関係者の記者会見が行われました。

 関西フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者の藤岡幸夫さんが司会を務め、毎回、多彩なゲストとの気取らないトークを通じて、クラシックを中心にジャンルを超えた音楽を、知られざるエピソードや裏話も交えて紹介していく形式です。

 

Img002_4 画期的なのは、東京のテレビ局が関西発の音楽の企画を全国放送すること。「英国に15年いた間、何もかもが東京に集中している日本を外から見て、何とか関西からも優れた音楽を発信したいと思っていた。今回やっとその足がかりができた」と藤岡さん。

 また、音楽番組でありながら、30分の放送中、演奏を流すのは5分程度という型破りな趣向。「エンター」という番組名が表わすように、これまで全くクラシックに馴染みのなかった人たちにターゲットを絞り、曲のさわりの部分を紹介して、まずクラシックに興味を持ってもらうことが一番の目的だからです。

 

 

Img003_2

 テレビ東京制作プロデューサーの工藤里紗さんは、「子どもも高齢者も音楽が好き。スポーツ選手も音楽を聴いてパワーを得ている。その素晴らしさに気づいて、ハッピーになってもらえる番組にしたい」と意気込みを語りつつ、「予算の都合上、『手づくり感満載』の番組となるが、温かい目で見守ってほしい」と本音をポロリ。

 藤岡さんはすかさず、「私と関フィルとは15年間、毎年40回以上コンサートをしている実績があるので、コストをかけずに真剣な演奏を収録し、番組に提供することができる」とフォロー。さらに、「我々の熱意を理解して、友情出演など協力してくれる人たちがいるのもありがたい。雑誌『音楽の友』(音楽之友社)が毎号、番組と連携したページを連載してくれる。また、音楽と同時に各地の音楽ホールや人材も全国にPRできる。初めての試みばかりなので、いろんな批判をいただきながら成長していきたい」と、交錯する自信と覚悟をのぞかせていました。

Img004_2

 

 ジャズピアニストの山下洋輔さん、サックス奏者の須川展也さん、ヴァイオリニストの岩谷祐之さん、天才チェリストの北村陽さんら、気鋭のゲストが続々。ジャンルも交響曲から映画音楽、ゴスペル、ジャズや原始音楽など、どんな展開をしていくかは観ての聴いてのお楽しみです。

Img005_3




山下洋輔さん(左)


Img006_3





須川展也さん


Img007




岩谷祐之さん(左)


Img008_2




北村陽さん(左)

 

 今回の会見で、制作関係者の言葉に共通していた意識は、文化の豊かさは心の豊かさであるということだったと思います。関西はもちろん日本各地にそれぞれ魅力的な文化があり、それに関わる素晴らしい多くの人材が活躍しているので、それを広く全国に発信していくことが国の豊かさにもつながる。行政・民間を問わず、文化にかける時間や予算が縮小する傾向は簡単に止められないけれど、だからこそ地道に、手づくりで文化を守り育てていくことが、とても大切なのだと感じました。

 関西・大阪21世紀協会が、市民や経済界の協力を得て一生懸命に取り組んでいることの1つが、まさにそれだと改めて肝に銘じた次第です。

番組ウェブサイト http://www.bs-j.co.jp/official/enterthemusic/

藤岡幸夫さんブログ http://www.fujioka-sachio.com/fromsachio/fromsachio.htm

【広報担当 川嶋みほ子】

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ご案内】クラシック入門番組『エンター・ザ・ミュージック ~音楽はお好きですか?~』10月7日に放送開始 司会は関西フィルの藤岡幸夫さん: