« 【ご報告】水都を寿ぐ【交響楽 能】 | トップページ | 【ご案内】文化プログラムシンポジウム in 大阪(3月2日) »

2017年1月20日 (金)

【リポート】今宮戎神社 十日戎「宝恵駕行列」

Photo


恒例の今宮戎神社「宝恵駕行列」で商売繁盛!
2017年1月10日/道頓堀~今宮戎神社


大阪の新春を彩る伝統行事「えべっさん」(十日戎/1月9日~11日)は、言わずと知れた、七福神の一神である「戎さま」に、その年の商売繁盛を祈願するお祭り。
関西・大阪21世紀協会の新年の事業も、10日の今宮戎神社「宝恵駕(ほえかご)行列」で幕を開けました。


宝恵駕行列は、江戸時代に今宮戎神社・十日戎の奉納行事として始まったもの。その後も、大阪ミナミの旦那衆や芸妓さんたちが、花街の商売繁盛を戎さまにお参りするための行事として継承されてきました。現在は経済界や地元商店街などが協力して開催しています。


まずは、道頓堀川遊歩道「とんぼりリバーウォーク」で祈祷と出発式。
続いて、佳世子さん(芸妓)、中村鴈治郎さん、片岡孝太郎さん、山村友五郎さん、桂文枝さん、高世麻央さん(OSK)、NHK朝ドラ「べっぴんさん」に出演中の三倉茉奈さん、そして福娘さんら豪華メンバーが「一挺駕」に分乗し、振興会や関係者を含め総勢500名余りで、宗右衛門町から今宮戎まで約2㎞の道程を練り歩きました。


太鼓の小気味よい囃子と、行列の「宝恵駕、宝恵駕」というパワフルな掛け声に、通行人の皆さんも笑顔で手を振ったり、カメラを向けたりして楽しんでおられました。


関西・大阪21世紀協会の「上方文化芸能運営委員会」は、この伝統行事の保存・継承に協力するため、宝恵駕振興会実行委員会の役員として実施運営に携わっています。


協会ではこの行事に引き続き、14回目となる2月3日の「堂島薬師堂節分お水汲み祭り」(実行委員会役員・後援)を始めとして、今年も年間を通じて関西・大阪の文化力向上と社会の活性化に資する様々な事業を展開していく予定です。


「丁酉」の年は、漢字の意味からすると、新しい力が芽を出そうとする(丁)一方で、旧来の力も熟成し(酉)、双方の力によってまた新たなものが生みだされる年とも解釈できます。
2017年が皆様にとって明るい良い年になりますよう、心からお祈りしています。
本年も関西・大阪21世紀協会をご支援・ご指導いただきますよう、どうぞよろしくお願い申しあげます。


【川嶋みほ子】


Photo_2  出発式に臨む福娘の皆さん


Photo_3  カメラを向ける見物客も


Photo_4  一挺駕に乗る佳世子さん


Photo_5  艶やかな芸妓さんたち


Photo_6  都心を練り歩く長い行列

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210637/64786071

この記事へのトラックバック一覧です: 【リポート】今宮戎神社 十日戎「宝恵駕行列」:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。