大阪・関西ブランド

2021年7月21日 (水)

【ご案内】YouTube動画コンテンツ「村瀬先生のぶらり関西歴史旅『大阪・梅田編』」好評配信中

関西・大阪21世紀協会の公式サイトでご好評をいただいている動画コンテンツ「関西の魅力」、お楽しみいただいていますでしょうか?
今回は、6月にこのコーナーでご紹介した「村瀬先生のぶらり関西歴史旅『大阪・なんば編』」に引き続き、『大阪・梅田編』についてご案内させていただきます。

Photo_20210718011301

大学受験予備校・東進ハイスクールの村瀬哲史先生が、古地図を片手にアシスタントと一緒に大阪キタ界隈を歩き、この地の地理や歴史にまつわる逸話を解りやすく、面白く解説します。

梅田と聞くと、大阪一のターミナルであり、先進的な商業施設や高層ビルが林立する大阪の中心地というのが、多くの人の抱くイメージでしょう。また、うめきた地区では2013年にグランフロント大阪が開業し、現在も2025年の大阪万博に向けて着々と開発が進んでいます。

ところが、大阪の古地図を見てみると、意外や意外、梅田あたりはほとんど「空白」になっています。つまり、何もなかったということ。
グランフロント大阪の周辺が、以前は国鉄の貨物駅だったことをご記憶の方もおられることでしょう。また2020年8月、この界隈で約1,500体の人骨が発掘され、江戸時代には大きな墓地であったこともわかっています。

さらに古代まで遡ると、この場所にまで大阪湾が入り込んでいたといいます。それが証拠に、梅田という地名は、湿地を砂利で埋めたことから、「埋めた」が「梅田」になったという、嘘のような本当の話も。

Photo_20210718011202 Photo_20210718011201

では、なぜそんな場所に大阪駅が造られたのか。その答えは動画をご覧になってのお楽しみ。
ほかにも、
・商業ビルの谷間になぜ神社が?
・北新地はなぜ「新しい地」なの?
・若者の集まる茶屋町の地名の由来は?
・「きんつば」の「つば」って何?
といった数々のミステリーが解き明かされます。
昔の何もなかった湿地と、現在の繁栄した都心との大きなギャップに、歴史のドラマを感じていただけることと思います。

動画の時間は20分。関西・大阪21世紀協会のウェブサイト(http://www.osaka21.or.jp/)トップページ上部のバナー「動画」からアクセスいただくか、
こちらのリンク】をクリックしてご視聴ください。

大阪・なんば編』と同様、多くの皆様に視聴いただきますよう、心よりお待ち申しあげております。
また、ご意見・ご感想などもお寄せいただけましたら、大変うれしく存じます。

【広報担当 川嶋みほ子】

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

【ご案内】YouTube動画コンテンツ「村瀬先生のぶらり関西歴史旅『大阪・なんば編』」好評配信中

関西・大阪21世紀協会は、イベントや会議の開催がままならない現下においても、できるかぎりの工夫をして関西・大阪の文化の情報発信に努めています。

そうした取り組みの1つが、当協会の公式サイトでご好評をいただいている動画コンテンツ「関西の魅力」です。
ここではその中から、関西・大阪「地理・歴史」シリーズについてご紹介します。

1_20210611190001

題して「村瀬先生のぶらり関西歴史旅」の、まずは「大阪・なんば編」
大学受験予備校・東進ハイスクールの人気講師である村瀬哲史(むらせあきふみ)氏が、古地図を片手にアシスタントと一緒に大阪ミナミを歩き、この地の様々な歴史秘話をまったりした語りで解りやすく解説します。

例えば、道頓堀といえば今や国内外からの観光客や若者たちで賑わう観光スポットのイメージが定着していますが、一昔前は子どもの行く場所ではなく、大人が「ちゃんとした服装」で出かける文化の薫り高いまちだったといいます。大阪文化に詳しい方なら、「ああ、あのことか」とピンとくるかもしれませんね。

このほか、
・なんばの地名の由来、実は「なみはや」だけにあらず?
・都市型複合施設、なんばパークスに歴史の遺物を発見?
・看板に喜劇王が堂々と書いたのは誤字、それとも洒落?
・老舗飲食店、戦前は意外や意外「××屋」さんだった?
などなど、答えを知ったらきっと誰かに話したくなるような興味深いネタが盛沢山。

動画の時間は20分ほどなので、ちょっとした空き時間や、ティータイムにでも気軽にお楽しみいただけます。
関西・大阪21世紀協会のウェブサイト(http://www.osaka21.or.jp/)トップページ上部のバナー「動画」からアクセスいただくか、
こちらのリンク】をクリックしてご視聴ください。

多くの皆様に視聴いただきますよう、心よりお待ち申しあげております。
また、ご意見・ご感想などもお寄せいただけましたら、大変うれしく存じます。

【広報担当 川嶋みほ子】

|

2014年2月 5日 (水)

【ご報告】「堂島薬師堂お水汲み祭り」~無病息災・商売繁盛を祈願して~

Cimg4545web 2014年2月3日、大阪市北区の堂島アバンザとその周辺で、大阪・北新地の新春の風物詩「堂島薬師堂節分お水汲み祭り」を行った。(当協会理事長は共同実行委員長)

 この祭りは、「節分祭り」と「お水汲み」を一つにした祭りで、奈良の薬師寺の僧侶が祈祷したお香水(こうずい)を竹筒護符(たけづつごふ)に汲み、無病息災や商売繁盛を祈願するもので、今年で11回目を迎えた。

 堂島薬師堂で奈良薬師寺の山田管主による節分法要の後に「お水汲み」の儀式を執り行い、関西経済同友会の代表幹事 鳥井信吾氏(サントリーホールディングス副社長)と 同 加藤貞男氏(日本生命保険副会長)、建築家の安藤忠雄氏らに加えて、文楽人形遣い 桐竹勘十郎氏と曽根崎心中の「お初さん」がこれに参加した。観客は「お初さん」の品のあるしなやかな所作の一つ一つに見入っていた。

 この他にも、薬師寺の僧侶による声明(しょうみょう)や北新地の芸妓衆による奉納舞をはじめ、長さ約20メートルの龍や北新地の女性が仮装する「お化け」によるお練りが行われ、多くの見物客が賑やかな春の催事を楽しんだ。

P1030409_2
堂島薬師堂
Cimg4530web
薬師寺僧侶による声明
Cimg4541
薬師寺山田管主からお水汲みを行う桐竹勘十郎氏とお初さん
Cimg4564web
北新地の芸妓による奉納舞
Cimg4523web_2
北新地クリーンと準クイーン
P1030542
新地を巡行する龍
           

 

| | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

【ご報告】 平成25年「関西元気文化圏賞」大賞はグランフロント大阪!

Cimg4486web 2014年1月28日、関西元気文化圏推進協議会(会長:関西地域振興財団 森会長/副会 長:関西・大阪21世紀協会 堀井理事長)は、リーガロイヤルホテル大阪にて、文化を通じて関西から日本を明るく元気にすることに貢献した人物・団体等に対して感謝と一層の活躍を期待して贈る「関西元気文化圏賞」の贈呈式を開催した。

 2013年の大賞受賞者は、関西最後の一等地と言われた大阪駅北地区に開業した複合施設「グランフロント大阪」。国内外の産官学の「知」の交流拠点を目指して、知的創造拠点「ナレッジキャピタル」などを開設し、高い集客を維持するとともに、関西の魅力を広く発信してきたことが評価された。その他の受賞者は、以下の通り。Cimg4471web 

 <大  賞>    グランフロント大阪
 <特別賞>    御遷宮対策委員会
 <ニューパワー賞> 片岡 愛之助   (歌舞伎役者)
             能年 玲奈     (女優)
             桐生 祥秀     (陸上選手)
             山口   茜     (バドミントン選手)

 贈呈式は「文化庁芸術祭賞」贈呈式と合同で開催し、青柳文化庁長官は挨拶で、文化庁芸術祭賞が今年68回目を迎えられたのは、文化を国づくりの重要な柱に位置付けた国の政策に対して国民からの理解が得られた結果であり、受賞者の皆さんには今後もその実力を遺憾なく発揮し、文化振興に貢献してもらいたいと期待を述べた。

 関西元気文化圏推進協議会の森会長は、関西元気文化圏賞の受賞者が圧倒的な存在感で夢と感動を与えてくれたことに感謝するとともに、今回の受賞ジャンルがまちづくり、神事、テレビドラマ、歌舞伎、スポーツと多岐に亘ったことを踏まえて、関西の文化首都としての懐の厚みを示してもらったと述べ、今後も関西から日本の元気を牽引してほしいと挨拶を締め括った。

Cimg4499 大賞を受賞した「グランフロント大阪」
三菱地所株式会社 常務執行役員 林総一郎氏

Cimg4507web ニューパワー賞を受賞した陸上選手の桐生祥秀氏
「9秒台を出し、みなさんに喜んでもらいたい」と抱負を語った。

       

| | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

【ご報告】はなやか関西~文化首都年~2012 「人形浄瑠璃」フォーラム

Photo_6

 10月6日、大阪歴史博物館にて、『はなやか関西~文化首都年~「人形浄瑠璃」』実行委員会が主催する「人形浄瑠璃」フォーラムが開催され、約200名の参加者が集まった。

 初めに、主催者を代表して、近畿地方整備局建政部長の山田俊哉氏が挨拶をし、「はなやか関西」の事業説明を行った。

 続いて、神戸夙川学院大学教授で、『はなやか関西~関西文化首都年~2012「人形浄瑠璃」』実行委員長を務める河内厚郎氏が開会挨拶を行い、「大阪で誕生した浄瑠璃が京都や江戸をはじめ全国的に普及し、それに伴い、浄瑠璃言葉として用いられていた大阪の言葉が当時の町人社会の共通言語となっていった」ことに触れ、「浄瑠璃が近世国民的な文化だった」と語った。そして、「この国民的な財産を今後も守りながら普及させることが大切である」と述べた。

 基調講演では、神戸女子大学古典芸能研究センター長の阪口弘之氏が「関西から結ばれる日本のこころ~街道の人形浄瑠璃~」と題して講演し、人形浄瑠璃の成り立ちにはじまり、人形浄瑠璃が写実芸・人間劇として発展したその足取りや、都市芸能の観点からみた当時の道頓堀における人形芝居興業などについて解説した。

 その後、『関西の本物「人形浄瑠璃」を活かした魅力発信・文化首都圏の形成』をテーマとした学生研究発表や、大阪市立大学大学院准教授の久堀裕朗氏による演目解説、南あわじ市立南淡中学校 郷土芸能部による「日高川入相花王 渡し場の段」の実演、そして最後に、文楽公演「梅川・忠兵衛~『傾城恋飛脚』新口村の段より~」が上演され、参加者は人形浄瑠璃への知識を深めるとともに、その魅力を堪能した。

Pa060153_5
神戸夙川学院大学教授 ・ 『はなやか関西~文化首都年~2012「人形浄瑠璃」』実行委員長 河内厚郎氏

Photo_12
神戸女子大学古典芸能研究センター長 阪口弘之氏
                                                    以上

| | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

関西の観光資源を外国人の目線で紹介した冊子が完成

近畿経済産業局は、このほど、関西の観光資源の魅力を関西在住の外国人の目線で紹介する小冊子「Destination KANSAI」を作成しました。

Kansai

この冊子は海外の旅行関係者に関西への興味・関心をもっていただくよう配布されるもので、作成にあたって㈶大阪21世紀協会が協力いたしました。

外国人による、関西の観光スポットに関するコメントは、旅行関係者ならずとも興味深いもの。和文、英文とも近畿経済産業局のHPでごらんいただけます。

下記のリンクでご覧ください。

http://www.kansai.meti.go.jp/3-1toukou/destination/index.html

| | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

「多士彩才 人こそ力@大阪のまち」が紹介されました。

Tashisaisai20100510 当協会のHPから生まれた書籍「多士彩才 人こそ力@大阪のまち」が5月10日付けの大阪日々新聞紙上で紹介されました。

 

この本は、大阪を愛し、大阪を元気にしようと様々な分野で活躍中の、クリエイター、アーティスト、文化人etcを紹介した本です。

大阪の今を知るにはうってつけのこの「多士彩才 人こそ力@大阪のまち」はジュンク堂そのほか、大型書店にて販売中です。

なお、お近くの書店で取り扱いのない場合は、当協会にお申し込みください。  電話 06-6942-2004(担当 藤本)

「多士彩才 人こそ力@大阪のまち」

定価:1700円

判型:A5判 240ページカラー

発行:財団法人大阪21世紀協会

発売:(株)新風書房

| | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

「鍋」の小冊子入手方法

産経新聞(4月24日付)で紹介されました、「鍋」の小冊子「大阪鍋騒動」を御希望のかたは、以下の要領で、大阪21世紀協会にお申し込みください。

・A5サイズ(15cm×21cm)の冊子が入る返信用封筒に、送付先の郵便番号、ご住所、お名前をご記入の上、140円分の切手を貼り、
  

 〒540-0032 大阪市中央区天満橋京町1-1 大阪キャッスルホテル4F  財団法人大阪21世紀協会「大阪鍋騒動」プレゼント係宛
   

に郵送してください。なお、お一人1冊ずつとさせていただきます。

また、部数に限りがありますので、なくなりしだい配布は終了させていただきます。予めご容赦ください    

Nabe_hyoushi_3  「大阪鍋騒動」表紙

Nabe_oosakanabe_2 

| | トラックバック (0)