Osaka Brand Blog

Osaka Brand Blog

2009年3月12日 (木)

大阪で“ものづくり”の心に出会う―「千家十職×みんぱく」開催中

 ミュージアムは、“ものづくり”魂を刺激するインスピレーションの宝庫。ものづくりの匠と博物館のモノたちが出会ったら何が生まれるだろう?そんな問いかけから始まった「千家十職×みんぱく 茶の湯のものづくりと世界のわざ」が、国立民族学博物館(大阪府吹田市)で開催されています。

 千家十職とは、三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)に出入りする指物師・表具師・茶碗師など十の職家。いずれも300~400年の歴史をもち、茶の湯に関わる道具づくりを生業とする、いわば日本の美と技の極みを担うクリエーター集団です。そんな彼らが、民博収蔵品から自らの審美眼にフィットするものを選び抜き、それを新たな創造へと変換する―日本のものづくりと世界のものづくりのコラボレーションともいえる試みです。

090311_134422 十職たちが民博の収蔵庫からそれぞれ気に入ったモノを選ぶところから始まったこのプロジェクト、実に3年がかりの企画だったといいます。「選ぶ」と一口に言っても、収蔵品の数は膨大(26万点)。それだけでも大変な作業です。初めは混沌と見えたモノの洪水から、それぞれの感性のフィルターにかかるモノがあらわれ、やがてモノとの対話が生まれる。そして新作品の創造へ。そのプロセスを想像するだけでも圧倒されます。

 美と技のプロフェッショナルが選ぶ品々は多様で、その創作もまた多彩。選ばれたモノすべてが一般的な意味で美しいとも限りません。そこには西洋的な美の基準や用の美といった言葉で捉えきれない、魂に響く美、いわば「根源美」があるのではないか、と本特別展実行委員長の八杉佳穂民博教授。

 十職たちが何を選び、その影響のもとにどんな作品を生み出したか。それを見ることはもちろん興味深いのですが、会場を一巡して感じるのは、既成概念にとらわれない自由な目でモノに向き合うことの面白さ。民博関係者にとっても発見の連続だったという今回の企画。十職たちの目と手を通したモノの世界に遊びつつ、自分の目と感性でモノとの対話を楽しむために、民博に足を運んでみてはいかがでしょうか。

大阪ブランドグループ 小村みち

======================================================================
会場          国立民族学博物館
        (大阪モノレール「万博記念公園」または「公園東口」下車・徒歩15分)
会期           2009年3月12日(木)~6月2日(火)
開館時間    10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日       毎週水曜日(但し祝祭日の場合は開館、翌日休館)
観覧料       一般600円/高大生350円/小中生150円
                 ※民博・日本民芸館・日本庭園3施設共通券
         一般800円/高大生500円/小中生250円(2日間有効)
                 ※3月15日(日)、5月5日(火・祝)は無料観覧日。
                  毎週土曜日は小中生無料。
優待情報    民博&提携26ミュージアム共通の優待チラシあり(最終有効期限6月30日)
イベント   各種関連イベント開催(お茶会、セミナー等)。詳細はホームページにて。
URL     http://www.minpaku.ac.jp/special/senke/index.html

|

2009年3月 9日 (月)

大阪アジアン映画祭2009へどうぞ~

エッセイスト 武部好伸

 大阪は、昔からアジアと深い関わりがあります。古くは奈良時代、中国や朝鮮など東アジアの国々との交易拠点として栄えました。そのころ難波津と呼ばれていた~と小学生のころ郷土史の授業で習ったことを覚えています。

 近代になってからもアジア諸国との貿易が主軸となり、大阪で暮らすアジア系の人たちも増えてきました。西に向かってひろがる大阪湾は、「アジアへの玄関口」にも見えます。

Untitled_5  こうした歴史を踏まえて(ちょっとたいそうかな?)、今月13日~22日、「大阪アジアン映画祭2009」が開かれます。今年で4回目。べつに開催されていた「おおさかシネマフェスティバル2009」と統合して、文字通り、大阪とアジアに焦点を絞った映画祭です。

 中国、台湾、香港だけでなく、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシアといった東南アジアの映画が上映されます。日本(あるいは関西)初公開作ばかり。大阪出身の若手女性監督、瀬田なつきさんのデビュー作『彼方からの手紙』はぜひ観たいと思っています。

Untitled2_4

 全国を見渡しますと、ほんとうに映画祭がいっぱいありますね。アジア映画関係をネットで調べたら、福岡アジア映画祭、ぎふアジア映画祭、長岡アジア映画祭、江ノ島アジア映画祭……とぎょうさん出てきます。福岡アジア映画祭はすでに22回開催と実績があります。

競合するんとちゃうやろか~。ちょっぴり心配してしまいますが、それぞれに特色を出しているようなので、べつだん問題ないのでしょう。アジアに位置する日本は、当然ながら、アジアと切っても切れない関係にあるということです。

大阪は大阪独自の色を打ち出せばいいと思います。アジアのインディーズ映画を上映する「アジアン・ミーティング大阪2009」なんて、インディーズ映画の拠点ともいえる大阪ならではのイベントです。

「継続は力なり」……。この映画祭が大阪のブランドとして定着し、末永く続いていくことを念じています。

映画祭の詳細は、公式サイトhttp://www.oaff.jp:80/で。

|

2009年2月27日 (金)

若き日の近松

 近松門左衛門  承応2年(1653年)~享保9年(1725年)

 越前福井の武士の家に生まれた近松は、父が浪人の身ととなったことで、十代の頃に一家で京都に移り住み、その後公家に仕えるようになりました。

 近松は公家仕えを通じて、広く教養を積みました。若くして伝統文化、古典に精通するようになった近松は、古浄瑠璃の名人・宇治加太夫(のちの宇治加賀掾)と知り合い、浄瑠璃の台本を書くようになりました。公家ルートで芸能界デビューを果たしたのです。

 その後30代は竹本義太夫率いる竹本座座付きの浄瑠璃作家として活躍し、40代には坂田藤十郎に歌舞伎の台本を提供し、50代以降は、住まいを大坂に移し、浄瑠璃に復帰、専念しています。生涯に100作以上の浄瑠璃を書き、「日本のシェークスピア」と評価されています。

Monflyer_4  兵庫県立ピッコロシアターは、今週末3/1(日)まで「門 若き日の近松」という作品を上演しています。

 脚本は、市川猿之助のスーパー歌舞伎の脚本などを数々手掛ける石川耕士氏、演出は劇団文学座の公演から商業演劇に至るまで幅広い作品を手掛ける西川信廣氏、そして客演には女優・歌手として活躍する麻丘めぐみ氏を迎えています。

 舞台は延宝年間(1670年代)の大坂。醤油屋・森谷の倅の吉兵衛と、その従兄である吉次郎(近松)をメインの主人公に据えたフィクションです。


 「曽根崎心中」「冥途の飛脚」「鑓の権三重帷子」「女殺油地獄」などの近松作品のコラ-ジュとして構成され、近松的世界に近づくための入口のような作品となっています。http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/gekidan/mon/index2.htm

大阪ブランドグループ 山納 洋

|

2009年2月10日 (火)

大阪城の天守閣で想ったこと

エッセイスト 武部好伸

先日、大阪城へ足を運びました。幼いころはそれこそ毎日、堀端で遊んでいたものでしたが、ほんとうに久しぶりに訪れると、お城がすごくいとおしく思えました。

Osakajo01_4

平日の午後。天守閣のなかはさすがに見物客でいっぱいというわけではなかったけれど、それでも存外に人が多かったです。とりわけ外国人観光客が目立ちました。みなさん熱心に展示品に見入っておられたのには驚きました。




天守閣のうえから眺めた大阪の街。通天閣の展望台から見た光景とはまた異なり、眼下の緑にまず眼を奪われました。樹々に取り囲まれているというのは、理屈抜きに気持ちがいいものです。

Osakajo02_2 大阪城ホールの向こうに居並ぶOBP(大阪ビジネスパーク)のビル群、その横を走るJR環状線のオレンジ色の電車、ゆるやかな流れの大川に架かる銀橋、ドッシリと構えた重厚な大阪府庁やモダンなNHK大阪放送局の建物……。どれも緑があるからこそ、映えるんですよ。

眼にやさしい情景に見入っているうちに、大阪城公園ってすごく広いんやな~と改めて実感しました。総面積が約108ヘクタールというから、甲子園球場が27個も入るほどの広さです。東京の皇居外苑(約115ヘクタール)と匹敵します。でも、敷居の高い皇居とはちがって、こちらは普段着でブラリと散歩できる庶民の公園です。

大きさではニューヨークのセントラル・パークやロンドンのハイド・パークにはとてもかないませんが、都心の公園としては十分、自慢できる広さだと思います。しかも天守閣まであるんですから! 

このお城は日本一の規模なんや。「癒しの空間が少ないねん」と思っている大阪人はもっと自信を持たなあかん。「大阪城公園があるんや~!」と胸を張ればええねん。

そんなことを考え、ふと北の方角に眼をやると、近い将来、開発される大阪梅田北ヤードのことが脳裏によぎりました。もう建物はいらんわ。絶対、公園にすべきや。天守閣でその想いをますます強くしました。

|

2009年1月16日 (金)

An Afternoon at Osaka Harbor

by Sam Bett

The Osaka Aquarium, or Kaiyukan, is perhaps one of the Osaka’s most popular attractions among both Japanese and foreign tourists alike. Yet for those with only a day or two in the city, a trip all the way down the blue line to the harbor and back might feel like an imprudent way to spend one’s time unless there’s more to see than an aquarium once you get there. Yet with a little effort and curiosity, you can spend a full, satisfying morning or afternoon in Osaka-ko, and explore a part of the city that most tourists overlook.

356A great way to start the day is first to follow the signs from Osaka-ko Station down to the Kaiyukan and take in the atmosphere of the area. You’ll quickly notice that the wide streets of Osaka Harbor are very different from the clustered, concentrated bustle of Namba or Umeda. Next, take in a bird’s eye view of the district from the towering Tempozan Giant Ferris Wheel, one of the tallest ferris wheels in the world. It’s great fun to try to retrace your walk from the station, and pick out a route to take once you get down. You can also take excellent pictures of downtown Osaka from the peak of the ride. The distance between the harbor and the city makes it possible to take photos of almost the entire city skyline. Perhaps the best part about the ride, though, is that it gives you a taste of Osaka’s rich history as a harbor city. Osaka is often called “Japan’s Kitchen” by Japanese because of its active fishing and food industries, but seeing the city’s waterways for yourself provides a clear image of just how important maritime commerce is to Osaka.

Once you come down, you should try to seek out some of the sights that caught your eye while you were up in the sky. If your appetite is already calling you, there are a number of eateries on the street to the station that offer both fresh seafood and standard Japanese fare. If you are especially hungry or just looking to try something different, head over to Greens, a vegetarian buffet located nearby the ferris wheel. To get there, descend the ferris wheel staircase and turn left, cross the short crosswalk, and continue straight ahead. Greens offers a delicious buffet at a very reasonable price that includes salads, pastas, fresh bread, and even desserts that will fill up both vegetarians and their meat loving friends. Drinks are included as well, so you can help yourself to coffee or tea after your meal. Greens is open every day but Thursday and Sunday from 11:30 PM to 2:30 PM.

If you’re satisfied with exploring the area for the moment, head back toward the ferris wheel and up the neighboring plaza toward the Kaiyukan. Backpackers who have come this far with their packs will be relieved to see the ample lockers on the ground level of the entrance, but even if you only have a small bag it’s a pleasure to take your load off so that you can leisurely enjoy one of the largest aquariums in the world.

323_2 Once you’ve passed through the first few tank rooms and the tunnel tank that surrounds its corridor with water, you’ll find yourself in a descending spiral around the largest aquarium tank on the planet. This tank is home to the Kaiyukan’s pride, a whale shark that is also its mascot and emblem. Just as the posters that adorn most of Osaka’s subways advertise, the whale shark is truly a majestic site as it glides through the water in slow, deep swaths, tailing a small school of fish behind. However, the Kaiyukan has several other noteworthy attractions. One of the most intriguing if unassuming is the octopus tank, a tall and narrow tank the size of a large elevator shaft with glass on all sides situated opposite the main tank at a bend in the route. Children and adults alike will enjoy searching among the seaweed and rocks for the octopus that hide just within site. Some even hide in tako tsubo, or the clay pots used by Japanese fishermen for hundreds of years to catch this elusive creature. If you wait for a little bit, you might see on of the octopuses spurt up from the bottom and propel itself through the water.

Rivaling the grace of the whale shark is a great black manta ray, housed in the main tank but corralled in its own enclosure by a net wall. Every minute or so the ray swims down to the bottom of the tank and slides its belly up against the glass walls as it rises, showing off its white underside and humanoid mouth to all the aquarium guests.
Another stimulating sight are the king crabs kept in a low-ceilinged, dark tank toward the end of the exhibit. Since these crabs normally live at great depths, the tank is highly pressurized, enabling these peculiar creatures to walk on skinny legs like bugs on stilts. If you’re patient you might see one balance on its back legs and waving its claws at the glass, or even start a scuffle with one of the other crabs.

After all this fun, what better than some ice cream? A small cafeteria at the end of the walking route is available if you feel like a snack, but the cafeteria is worth entering even if you aren’t yet hungry. Situated at the corner of the building, it offers another elevated view of the harbor, which may by now be reddening with sunset if you came in the afternoon. There are also a few cafes on the walk back to the station that offer a nice place to talk about the strange creatures you’ve seen in the Kaiyukan’s various tanks and relax before you return to the urban excitement of downtown Osaka.

Sam Bett 

SamA native of Boston and a senior at The University of Massachusetts, where he's majoring on Japanese and English Literature.
When he's not studying, he enjoys writing letters to friends,cooking,and playing the banjo. His favorite Japanese foods are tamago kake brown rice with natto and goma no aemono. His favorite sightseeing spots are mountains & shotengai.

|

2009年1月13日 (火)

『大阪ハムレット』~楽しく生きるべきか、悩み続けるべきか、なにも問題はない!?

エッセイスト 武部好伸

人類がお月さんに足跡を記してから40周年。キューバでカストロさんが革命を起こしてから50周年。そんな記念すべき2009年に突入しました。ややこしい時代になりつつありますが、だからこそ心は常に温かくありたいものです。

17日から封切られる『大阪ハムレット』(光石富士朗監督)は、ほんわかとした雰囲気に浸らせてくれるホームドラマです。森下裕美さんの同名コミックの映画化で、大阪の庶民的な路地(大阪弁では「ろうじ」と言います)で暮らす家族の生きざまをコミカルに描いています。

Osakahamlet01_2 その一家がみな個性豊か。3人の息子を育てるしっかり者のお母ちゃん(松坂慶子)が楽天家とでも言いましょうか、なんともおおらかです。お父ちゃん(間寛平)が急死してから、49日も経っていないのに、お父ちゃんの弟と称するおっちゃん(岸部一徳)が転がり込んできて、仲良くなっていくのですから。でも、まったくいやらしさを感じさせません。カラッとしている。このおっちゃんが最後まで謎めいているのがまたおもしろい。

そんなふたりを興味津々、眺めていく子供たち。中学3年の割にはかなり老成している長男(久野雅弘)、ヤンキー丸出しの中学1年の二男(森田直幸)、女の子になりたがっている小学生のキュートな末っ子(大塚智哉)といった具合に、3人3様、キャラがまったく異なっています。

Osakahamlet02_2 お母ちゃんとおっちゃんの関係はシェークスピアの『ハムレット』のようですが、陰鬱でどろどろした世界ではなく、映像はプラスの情に満ちあふれています。みな互いに認め合い、理解し合って生きているところに、ぼくは心地よさを感じました。

いかなる困難にぶつかっても、笑い飛ばす諧謔なる精神。ほんま、大阪人らしい生き方やなぁ~となんだかホッとさせられました。玉出本通商店街(大阪市西成区)が銀幕のなかでなかなか映えておりましたよ。

今年も「大阪映画」が何本も観られたらええのに~と念じています。

(写真:©2008「大阪ハムレット」製作委員会 )

|

2008年12月30日 (火)

ゲストハウスからみえる大阪(7)

ゲストハウス由苑 椎野 佳奈

Vol71_3 Vol72_3  

vol7. まだ見ぬ友人におみやげを

ゲストハウスをやっていると、お客さんからよくお土産をもらいます。
みんな自分の故郷のおみやげを、たくさんカバンに詰めてやってきます。

中には、ワインやオリーブオイル、マグカップ、ジャム、など
重くて持ち歩きが難しいようなものをたくさん持って
旅している人もいます。

故郷の写真付きのポストカードをたくさん持ってきていて
ありがとうとメッセージを書いて置いていってくれる人もいます。

ありがとうと言って、チェックアウトのときにお花を買ってきてくれたり、
スタッフ分のケーキを買ってきてくれたりする人もいます。

「おみやげ」には、旅先にいる知り合いに渡すもの、という意味だけではなく、
旅先で出逢い、仲良くなったりお世話になった人たちに
感謝・思い出を残す意味で渡すという意味もあるのだと、
この仕事を始めてから、はじめて実感するようになりました。

これから知り合いになる友人に渡すおみやげを
限られた容量のバックパックやスーツケースに詰めて出発するその心中、
安宿に泊まりながら、1泊分はしそうなお花やケーキを買ってきてくれるその心中、
そこには、旅先での出逢いの期待と感謝が、満ち溢れているのだと思います。

それと同時に「うれしい」「楽しい」「ありがとう」という感情を、
素直に直接的に表現する方法を教えてもらっているような気がします。

彼らにとって、旅行とは、まだ見ぬ人々との出逢いを意味していることが
とてもよく感じられる瞬間です。

|

2008年12月26日 (金)

たぶん(自称)日本一の屋台達が集結!高津宮とんど祭り

Tondo 大阪市中央区の高津宮で、正月飾りを焼いて無病息災を祈る「とんど祭」。
 このお祭りには、大阪の名店が出店する、一日だけの屋台村「たぶん(自称)日本一の屋台達」が登場します。

 このイベントを仕掛けるのは、上町で居酒屋「ながほり」を経営する中村重男さん。
 7年前に知り合いの料理人やお客さんに声をかけて、手作りで始めたイベントです。

 フランス料理やフグ料理、スイーツなど、名店の一皿が500円程度で食べられるこのイベントは、年々人気を集め、今年は3万人を超える人出で賑わっています。

 次回の開催は、1月12日(祝)。
当日は18店の屋台村の他に、文枝一門による落語会、木村充揮による青空ライヴ、大阪プロレス人気レスラーのゲリラライブ、そして落語「高津の富」にもある「高津の富くじ」の再現など、さまざまなイベントが同時開催されます。

 大阪の食文化、そして芸能文化が一堂に会するフュージョンイベント。
 ぜひ一度、体験してみてください。

.............................................................................................................................................

日時:平成21年1月12日(祝)午前11時~

出店屋台:
 伊たこ焼き たこ焼き工房Sea&Sun  釜たけうどん  懐石料理 桝田
 カドヤ食堂 with 天神旗  炭火焼鳥 うずら屋 ・ 炭火焼肉 白頭園
 肉料理とワイン 遊山  日本橋 藤久/kotikaze  法善寺 浅草
 ホテルニューオータニ大阪 レストランサクラ  ホテルメトロTHE21 乾隆亭
 La Tortuga(ラ・トォルトゥーガ)  wine store Wassyy's(Wassyy's Dining Souple)
 GIOVANOTTO(ジョバノット)  ぶいはち・たゆたゆ・梅の湯
 BROADHURST'S(ブロードハースト)  居酒屋ながほり  酒のやまもと

同時開催イベント:
 「第53回くろもん寄席 高津の富亭」13:30開場/14:00開演 席料2000円
  出演 桂かい枝 桂つく枝 桂ちょうば 春野恵子

 テノール歌手・加藤ヒロユキの美声に酔いしれる
 太鼓グループひこばえの浪速のだんじり囃子
 石本望 with 滝川雅弘トリオの軽快なジャズライブ
 天使のダミ声・木村充揮の青空ライヴ 
 村冨満世の魂を揺さぶる津軽三味線
 心に響く日本民謡の世界 三津栄会 社中
 大阪プロレス人気レスラーの突撃ゲリラライブ
 近藤光史VS熊谷真菜“畑耕一郎のとんどでTALK”
 再現!高津の富くじ 司会・桂文也 抽選・・・13時/15時

主催:高津宮たかきや倶楽部
問合せ:06-6761-2628(高津神社社務所)http://www.kouzu.or.jp/  

|

2008年12月 9日 (火)

師走の「占い」商店街

エッセイスト 武部好伸

 デパートやショッピング・モールは日常とはまた違った世界を味わうことができ、“よそ行き”の気分で買い物に出向くにはちょうどいいですね。でも、ふだんちょっとモノを買うにはやはり商店街となるでしょう。幼いころ、空堀商店街(中央区)の近くに住んでいたこともあって、ぼくは庶民感覚あふれる商店街が大好きです。千林(旭区)、針中野(東住吉区)、天神橋筋(北区)、今里(東成区)……など大阪の商店街はほとんど踏破したつもりでしたが、先日、重要なスポットを行き忘れていたことに気づきました。「売れても占い」で知られる福島聖天通商店街(福島区)。

Uranai01  JR大阪環状線福島駅の北側から西へ300メートルほど伸びている商店街で、100店舗以上が軒を連ねています。ノスタルジックなたこ焼き屋や書店があるかと思えば、シャレたイタリアン風のワイン・バーがあったりして、新旧なかなかうまく融合しています。この道は、西天満から兵庫県の尼崎へ通じるかつての大和田街道・梅田街道。近くにある聖天さん(聖天了徳院)への参道でもあり、それが商店街の名前につけられています。

 平日の昼下がりなのに、思っていた以上に人通りがありました。それも若い女性が目立つ。「3年ぶりの恋が実るかどうか」、「就活、どんなジャンルにチャレンジしたらええのか迷ってます」……といった具合に彼女たちはほとんど占い目当て。いやいや、青年もいた。訊くと、「日本経済の先行きを知りたくて」。う~ん、ぼくも知りたい。

Uranai02  6年前、20人の占い師を集めた企画がヒットし、「占い」商店街として今日に至っているそうです。なんでも水野南北という江戸時代の易相学の大家が聖天さんに篤く信心してはったそうな。こうした地元の歴史から、占い=集客にもっていったところがなんともよろしいですなぁ。まさに企画力さまさま。

 平日は2か所で、金曜日は4か所で「占い館」がオープンしています。第4金曜日は「占いデー」ということで、20人ほどの占い師が来はるといいます。今月は26日。ぼくは来年の運勢を占ってもらうのがなんだか怖くて……。アカンタレです。
そんなこんなで2008年も終わりに近づいています。良いお年をお迎えくださ~い!

|

2008年12月 8日 (月)

ゲストハウスからみえる大阪(6)

ゲストハウス由苑 椎野 佳奈

Vol64_5 Vol65_4    

Vol6. これはどこで買えるの?

ゲストから
「○○はどこで買えるの?」とたくさんの質問を受けます。

浴衣、安い着物、のれん、五本指の靴下、剣道着、
囲碁セット、中古楽器、小さな日本国旗、日本国旗のワッペン、
受付のベル(チリンチリンと鳴る)、招き猫の置き物、手裏剣…

いざ聞かれると、意外に回答がむずかしいようなものがほとんどです。

観光地写真入りのポストカードやカレンダーなど、
一見すると答えは簡単そうなものもよく聞かれますが、
そういうものも意外と考え込んでしまうものです。

今までで一番驚いたのは、とび職人の作業着。
まちで作業着を着ている人を見かけてどうしても欲しくなったと言い、
購入できるお店を教えたことが過去2回ほどあります。
(確かそのうち1人は、一目ぼれした作業着を着た本人に話しかけて
どこで買えるか聞いたらしいですが、言葉が通じなかったとか...。)
2回とも彼らは無事教えたお店を探し当て、靴までも一式揃えて購入して
帰ってきました。

こういう質問に、「デパートにあるかも」とか「お土産やさんには絶対あるよ」
と答えるのは簡単なことなのですが、それは避けるようにしています。
「お店を見つけるのも大変だったし、店主との会話もちょっと苦労した」
くらいが、旅行者にとってよい思い出に残るだろうと
あえて見つけるのが大変な方を教えています。

でも、見つけられなくて困っていたものが、実は100円ショップに
置いてあったりします。普段はなかなか目に留まらないものが、
他では売られていない珍しい商品だったりします。
こういう視点でまちを歩くと、おもしろいものが見えてくるものです。

みなさんは、道行く旅行者にこんな質問をされたら、どう答えますか?

|

2008年11月18日 (火)

ゲストハウスからみえる大阪(5)

ゲストハウス由苑 椎野 佳奈

Vol.5 ゲストハウスで見えるお国柄

ゲストハウスで旅行者たちと触れていると、それぞれの「お国柄」がよく感じられます。
性格ももちろんですが、旅行の仕方一般的にとてもはっきり特徴が出ます。

まず、予約の仕方。
当日に泊まるところを探す人は西洋人か日本人。
アジア系は念入りな予定を立ててみっちりスケジュールを組んでやってくるので
宿泊場所を当日探すなんてことはほぼありません。
そして、アジア系の人たちは一般的に「心配性」です。
予約の際にも、とにかくあれこれ質問攻め。いろんな宿に同じような問い合わせをして、最終的にどこか選んでいる人が多いです。

グループか個人かというスタイルも国柄が出ます。
もちろん例外はありますが、アジア人はグループ(3人~6人)、西洋人や日本人はひとり又はふたり旅行というのが多くのパターンです。
私の勝手なイメージを敢えて少しだけ言うと・・・。
韓国人、日本人、ドイツ人は男女ともにひとり旅行者が多い。
一番多い国籍のオーストラリア人はほとんどがカップル。
ふたりなら多いのにひとり旅行が少ないのは、アメリカ人女性、スペイン人女性、北欧の女性。

一日の過ごし方も違います。
朝はのんびり起きて、少し出かけて早めに帰ってきて昼寝したり、他のゲストとおしゃべりしたりビール飲んだりする西洋人と(日本人もおよそこのパターン)、
朝早くから出かけ(朝ごはんは自国から持ってきたカップ麺などもよく食べます)
観光地を一日ですばやくまわり、梅田や道頓堀でショッピングを楽しんでヘトヘトで夜遅く帰ってくるアジア人。

他のゲストとの交流の仕方も特徴があります。
他の旅行者と出逢えるのを楽しみにゲストハウスに泊まっている人が多いのが西洋人や日本人ですが、他のアジア系の人たちは交流をするためにラウンジルームに座ったりはしません。グループで来ている場合が多いので自分たちの部屋に引っ込んでしまいます。

バックパック派かスーツケース派、というのも分かれます。
アジア系の人たちに関しては8割方はスーツケース、西洋系の人たちはその逆の割合で大方がバックパックです。スーツケースを選ぶのは、おそらく比較的に旅行期間が短く、移動の距離も短いことや、また今まではあまり個人旅行文化がなかったのでバックパックという選択肢がないという背景もある気がします。

あくまでも「ゲストハウス」のような宿に泊まる人たちの傾向ですが・・・

昨年マレーシアから来た女性4人がいたのですが、全員イスラム教の風習のスカーフを頭に巻いてバックパックを背負ってやってきました。見慣れないその光景が私の頭にいまだに焼き付いているのですが、なんだかとてもうれしかったのを覚えています。
いろんな文化出身の旅行者同士が触れ合うことによって、さまざまな旅行パターンの選択肢があることを紹介しあえるような場所が「宿」であってほしいと思っています。

Vol61_2  Vol62_2

|

2008年10月30日 (木)

大名跡が復活! 「五代目桂米團治」襲名

                                  落語家  林家竹丸

 桂小米朝師匠が「五代目桂米團治」を襲名されました。襲名披露興行は10月4日の京都・南座を皮切りに、11月27日までに全国30ヶ所で行われ、上方落語史上、屈指の規模のビッグイベントです。

081012_001 新・米團治師匠の師匠は、人間国宝の桂米朝師匠。先代桂米團治(1896~1951)は、その米朝師匠の師匠にあたります。明治末年から戦後にかけて活躍し、漫才におされて衰退しつつあった上方落語を支えました。自宅で代書屋(いまでいう司法書士事務所)を開業し、その経験をもとに落語「代書」を創作したことでも知られています。

 襲名直前の9月中旬、天満天神繁昌亭・昼席の楽屋で7日間、新・米團治師匠とご一緒しました。小米朝の名では最後の繁昌亭ご出演です。全国を巡る襲名披露興行の準備、東西の師匠がたへのあいさつ回り等で忙殺されていたご様子でした。「寝るヒマないねん」とこぼしておられましたが、舞台では先代の十八番「親子茶屋」などを熱演され、満員の観客を魅了。襲名披露の盛り上がりを予感させる華やかな舞台でした。

 10月4日の南座公演は、東京から三遊亭円歌、林家正蔵、柳家花緑の各師匠がたもお祝いの口上を述べられて華を添え、トリの米團治師匠は、船場の商家を描いた大作「百年目」を披露。「五代目」の力強い船出です。

 57年ぶりに大名跡が復活しためでたい話題が加わり、ますます活気づく上方落語。ブームは衰えそうにありません。(写真は、楽屋関係者に贈られた挨拶状の寄席文字)

 

|

2008年10月16日 (木)

ひと味ちがう〈大阪映画〉、3作

エッセイスト 武部好伸

秋が深まってきました。映画が妙に恋しくなる季節です。そんななか、大阪を舞台にした映画が3作、相次いで公開されます。いずれもコテコテ風味ではなく、どこかサラリとした作風。従来の〈大阪映画〉とはちょっぴり異なっています。

Homeless_chugakusei ひとつ目が『ホームレス中学生』(10月25日公開、古厩智之監督)。お笑いコンビ「麒麟」の田村裕の自叙伝を映画化したもの。中学2年の夏休み直前、突然、父親から家族解散宣言を受けた裕(小池徹平)がひとりで自活する涙ぐましい物語です。3枚目の田村とはうって変わって、スマート、かつイケメンの小池が熱演。それが結構、存在感を放っていました。大学生の兄(西野亮廣)と姉(池脇千鶴)とのコンビネーションも申し分なし。悲惨きわまりない話なのに、さわやかな印象を抱かせるところがこの映画の持ち味。(写真:©2008 「ホームレス中学生」製作委員会 )

Akifukaki 『秋深き』(11月8日公開、池田敏春監督)は大阪の作家、織田作之助のふたつの短編小説『秋深き』と『競馬』を原作にし、それを現代に焼き直した作品です。生真面目な中学校教師の悟(八嶋智人)が入れ揚げた北新地のホステス一代(佐藤江梨子)と結婚したが、彼女の男性遍歴が気になってしかたがない。そのうち過去の男とおぼしき人物から一代宛に一通のハガキが届く……。いささか息苦しい内容とはいえ、ペーソスをまじえて男女の愛をしっとりと描き上げており、なかなか味わい深い文芸映画でした。(写真:©2008「秋深き」製作委員会 )

Love_fight 3作目の『ラブファイト』(11月15日公開、成島出監督)は、いじめられてばかりしているひ弱な男子高校生、稔(林遣都)と彼のボディガード役を務めてきたケンカ好きの美少女、亜紀(北乃きい)がボクシングに魅せられるというストーリー。なんともコミック的な可愛い映画です。気楽に観れます。(写真:©2008「ラブファイト」フィルムパートナーズ)

これら3作品には、千里ニュータウン、生國玉神社やその近くの口縄坂、天下茶屋界隈、中之島など日ごろ見慣れた光景が次から次へと出てきます。3人の監督はみな東日本の出身ですが、大阪と大阪人をあまり色メガネで見ていないところが気に入りました。

|

2008年10月 1日 (水)

川を楽しみ、川をきれいにする。エコ&アートを楽しむチャリティイベント「Love River」に参加しよう!

Suito_flier_2 大阪を熱くするクリエイター・ヤマモトヒロユキが、また大阪発のユニークなイベントをプロデュースする。2009年大阪で開催される「水都大阪2009」のプレイベント「Love River」だ。

 今回ヤマモトが打ち出した企画は“川を楽しみ、川をきれいにしながら、音楽やアートが楽しめるチャリティイベント”。

 オープニングには、平松大阪市長が開会の宣言をし、水を浄化すると言われるEM菌の入ったボールを始球式として川に投入。スワンボートに乗って川辺で遊んだり、チャリティライブや滝の映像やアートの展示を楽しんだり、街で人気のエコショップの集まった「リバーマーケット」で買い物をしたり…。

 アート集団grafのプロデュースで、水のアートを五感で楽しむ「水の家」「風の家」「光の家」などクリエイティブな企画もいっぱいだ。またインディーズのアーティストの曲を集めて、このイベントのために作ったオリジナルCDも販売中。CDの売上の一部は川をきれいにすると言われている“EMボール”や、川のそばでくつろげる“ラブリバーベンチ”の設置など川辺のプロジェクトの基金となる。「ぜひオリジナルCDを買って、イベントに参加してください!」とヤマモトヒロユキからも熱いラブコール。

 大阪を盛り上げたい。川をきれいにしたい。エコとアートを楽しみたい。そんな人は、ぜひ参加してほしい。

*ぜひオリジナルCDを購入してチャリティに協力を!
 「Love River」オリジナルCD(6曲入)…税込1000円
 (参加アーティスト:BOWLING NO.9/わたなべゆう/AFNICA/一ニ三/しゃかりきコロンブス。/うにゃっ2)

LOVE RIVER
2008 年10月12日(日)11時~20時/入場無料
湊町リバープレイス(大阪市浪速区湊町1-3-1)地下鉄(四ツ橋線・御堂筋線)なんば駅26-B出口
JRなんば駅/南海なんば駅/近鉄なんば駅
●お問い合わせ/LOVE RIVER事務局 06-6258-7067

|

2008年9月29日 (月)

ゲストハウスからみえる大阪(4)

ゲストハウス由苑 椎野 佳奈

Vol4_3

Vol4. なぜ大阪にやって来る?

外国から日本にやってくる個人旅行者を見ていて一番おどろいたのは、いかに関空発着のフライトを利用する人が多く、そして新幹線(のぞみ以外)からバス&フェリーまであらゆるJRが乗り放題可能な「JRパス」を利用する人々が多いか、ということです。

発着地に関空を利用するにはもちろんいろんな理由がありますが、「日本で行きたい観光地」に行くには関空を拠点とするのが便利だということも、大きな理由のひとつではないかと思います。

実際、うちの宿に滞在しながら日帰りで大阪近郊のみならず姫路・広島・直島…名古屋や金沢にまで日帰りする人たちもいます。
“JRパスを持っていれば怖いモノなし”という勢いです。

“大阪にどうしても来たかった”残念ながらそういう人はあまり見かけません。
そういう人たちが大阪にやってくる主な理由を挙げると…

 ・フライトが関空発着だから(大多数)
 ・次の目的地への中間地点にあり、大都市だから立ち寄ってみる
 ・大物アーティストのライブや、Summer Sonicなどの野外フェスティバルのため
 ・ショッピング&USJ目的(主に日本人&アジア系旅行者)
 ・大阪文化や雰囲気が好きだから(主に日本人のリピーター)
 ・京都の宿が取れなかったから
 ・各種ライブやイベント出演のため
 ・Tadao Andoの建築を見るため
 ・自転車やバイクで日本横断している途中に立ち寄る
 ・大阪発の沖縄や中国行きのフェリーに乗船するため

※あくまでも個人旅行者でうちのようなゲストハウスに泊まる層を見ての傾向ですが

こう見ていると、旅行者を抱えるために大阪が持っているスゴイところというのは

 ・まず関空があること!(観光地としての大阪の宝物だと私は勝手に思っています)
 ・そして立地的に関西の真ん中(しかも京都のとなり)に位置していること
 ・日本人を惹きつける文化(人情やお笑いや大阪弁)があること
 ・西日本最大の都市なので大きなイベントやコンサートが充実していること i.e..

これらの"スゴイ"要素を最大限に生かしつつ、「大阪には用事があって来たけど実際はおもしろいことがいっぱいあった」と言ってもらえるような街にしていくことが、大阪を本当に魅力のある観光地とするために必要なことだと思っています。

|

2008年9月22日 (月)

大阪の川と橋

エッセイスト 武部好伸

011 梅田へ出るとき、雨が降っていなければ、ぼくはたいてい歩いて行きます。四ツ橋筋のウォーキング。大阪の街中を歩くのが好きなんです。

先日、土佐堀川に架かる肥後橋に差しかかったとき、ふと思いました。「ひょっとしたら、大阪の橋のなかで一番多く渡っているのがこの橋かもしれへんわ」と。橋であることを意識せず、四ツ橋筋そのものだった肥後橋が急に近しい存在に思えてきました。

02_2 すぐ東側の錦橋をとくと眺め、こんどは道路を渡って西側の中之島から阪神高速道路が宙を舞う肥後橋を眼にすると、ビルにかこまれた大都会の川辺もなかなかええもんやなぁと実感。見慣れている光景がちがったものに見えてきました。

そや、大阪は江戸時代には「八百八橋」と呼ばれていたんや。河川が街中にいくつも流れ、まさに「水の都」やったんや。

ぼくの幼いころ、四ツ橋の電気科学館に父親に連れられて行ったとき、西横堀川と長堀川との合流点に架けられた四ツ橋をかならず4つとも渡ったことを鮮明に覚えています。上から見ると、文字通り4つの橋が真四角に架けられている形態が珍しく思えたからでしょう。長堀川沿いに市電が走っていたのも風情があって懐かしい。

川がつぎつぎと埋め立てられ、同時に橋も消えてしまったけれど(地名では残っていますね)、大阪には街の景観に欠かせない川と橋がまだまだ多くあります。

中央公会堂や図書館の風格ある建物が川面にその影を落とす中之島が大阪を代表するウォーターフロントですが、それ以外の川辺もまた異なった趣を見せてくれます。開放感に満ちあふれた新淀川の両岸などはぼくのお気に入りのスポットです。

こうした情景は〈大阪の宝〉と言ってもいいかもしれません。日本の大都会で、これほど「水」と深くかかわっているところはほかにはありませんからね。

「川と橋が彩る空間……、ホンマ、ありがたく思わなアカンわ」
肥後橋でしばし川の景色を堪能しながら、いつになく真面目なことを考えていました。

|

2008年9月 8日 (月)

ゲストハウスからみえる大阪(3)

ゲストハウス由苑 椎野 佳奈

Vol3_6

vol. 3  「このコインは何円?」

外国からの旅人と話していると、彼らの中で積もっている質問を
ここぞとばかりによくされます。

その中でも一番よく聞かれる質問は、
五円玉を見せてきて「これ何円?」

はじめは私も、なぜ五円玉だけを聞いてくるのだろう?と不思議に思っていたのですが、
ある日ゲストに言われて初めて気づきました。
五円玉だけは、アラビア数字の「5」という表記がなく、漢数字でのみ「五」と書いてあるのです。
「なるほど、それは分かりにくいよねぇ。」と驚きながら言う私に彼は
「このコインだけ書いてないんだよね。」と不思議そうにつぶやいていました。

別の日には、心斎橋でショッピングをして帰ってきた女の子が、帰ってきた途端に聞いてきました。
「イッカツってなに??」

どうやら、お店でクレジットカードを使って精算しようとしたら「イッカツ?」と
店員に尋ねられたものの、どうしても理解ができず、結局クレジットカードをあきらめて現金で支払ったそうです。
私がイッカツの説明をすると、
「あぁ…。なんだそんなことなのね…。」
とちょっと落胆しつつ苦笑していました。

もちろん、文化・習慣的な質問もたくさんあります。

一握りの例ですが…

・なぜ「ありがとう」と言っても返事はないの?
・こっちがお辞儀しているのに向こうがしてくれないのは相手が年上だから?
・店員の「ありがとうございます」の連呼はおもしろいね!
・なぜ日本人は顔に表情を出さないの?
・こんな夜遅くに電車に乗ってるビジネスマンがたくさんいるのはなぜ?
・残業が多い国に住むより、外国に移住したいと思わない?
・親の決めた相手と結婚するって本当?
・なぜみんな細い体になりたがるの?
・愛国心はある?

本当に、答えるのが難しいです。
私たちが答える内容が、彼らの中での「日本人」のイメージ像になってしまいかねません。
常にそういう心構えで受け答えをするようにはしていますが、
私としては、こうして「答える」側が、もっと多くならないといけないと思っています。

言葉が通じやすい宿の人間(同じ宿泊者やスタッフ)やガイドブックから聞いて見た情報だけで日本のイメージを持ってしまうことにならないよう、地元の人たちと会話をしたり、日本人の本当の実情や意見が耳に入る媒体が自然と周りにある環境が必要だと痛感しています。

それと同時に…。
次の五円玉のデザインをご担当の方、漢数字だけというのに特別な理由がないのであれば、ぜひともアラビア数字の「5」の表記も入れていただけるようお願いしたいです!

|

2008年9月 1日 (月)

摂津名所図会を歩く 高津宮あたり

Kouzu01_2

江戸時代の「るるぶ」摂津名所図会は、復刻版が府内の図書館などで閲覧か貸し出しができると思います。

上町台地の西斜面にある高津宮は、江戸時代、「観光度」が高く、図会でも多くのページが割かれ、境内には多くの人々が描かれています。江戸時代と今日がどこでつながっているのか、ある日、この摂津名所図会を頼りに上町台地にある高津宮(大阪市中央区)を訪れてみました。

一帯は、日本橋駅から徒歩圏にありながら、繁華街ではないもう一つの大阪を感じさせてくれる場所です。春は桜、夏はせみ時雨、秋は紅葉、そして冬は木漏れ日と、四季折々の変化が感じられます。

高津宮の参詣道に梅の橋という長さ2メートルほどのささやかな石橋がかかっています。この橋は図会にもわざわざ1ページを割いて出てきます。今は水も流れていませんが、江戸時代は高津宮の東側の急斜面を源流とする梅川がこの橋の下を流れていました。道頓堀は、この梅川の中流を拡幅したようです。すぐ西の道頓堀と東横堀川が接する場所付近には、二つ井戸という井戸があり、名水として知られていました。

Kouzu03_2

Kouzu02_4 

高津宮はまた、ミナミの歓楽街が近いだけに上方の芸能界とも縁が深く、寄付者の名を記す石の柱には、歌舞伎役者はじめ芸能人の名前も散見されます。時間が許せば、どんな人々が寄進しているのか探してみましょう。

Kouzu04_2  Kouzu05

Kouzu06
摂津名所図会には、高津宮の西側階段の下に、当時有名だった萬黒焼所が描かれています。
黒焼きは少々怪しさを残した薬効食品。炭素は毒消しの作用があるようなので、まるっきしいんちきとはいえないのでしょうね。イモリやカエルの黒焼きはけっこう有名ですが、図会によればこの店ではトラ、ヒョウ、クマ、タヌキ、キツネに加えてカタツムリの角も黒焼きにしていた??? ホンマかいなと疑いたくなります。
残念ながら、この萬黒焼所、現在、住宅と駐車場になっています。

 

Kouzu07 高津公園に面してとても素敵なカフェがあります。公園に向って南側が全面的に開口部となっています。桜と紅葉の季節は最高です。まち歩きに疲れたら、このカフェで一服。
古い文献にでてくる当時の名所が、現在どのようになっているのか見て歩くのも、また一味違ったまち歩きになりますよ。

にぎわい考現学 すぎさん

|

2008年8月27日 (水)

あなたの知らない“築港”案内

KNSまちづくり研究会 山本敏也

最近、何かと話題の多いベイエリアですが、大阪市港区の築港には歴史を感じさせる素敵な建物が今もいくつか残っています。

地下鉄中央線の「大阪港」駅で下車し、4番出口から南に500mほど進むと、目の前に巨大な赤レンガの倉庫が飛び込んできます。これは、大正12(1923)年10月に住友倉庫が建設した「築港赤レンガ倉庫」(旧住友倉庫・港区海岸通)です。

Image001_2 倉庫は北と南の2棟に分かれていて、その間と両脇にはかつて臨港鉄道が引き込まれていたようです。写真のように現在はアスファルトで覆われていますが、左側の倉庫手前に段差があるのはホームの名残です。

この一帯は戦前からの著しい地盤沈下のために、戦後は盛り土で地盤のかさ上げが行われました。一説には、2mほど下に線路敷が埋まっているとか。そんな噂を聞くと、ちょっとワクワクしますよね(そう思うのは「鉄ちゃん」だけ?)

Image002_3 1999年に住友倉庫から大阪市に移管、現代芸術活動の拠点として再生されたのですが、現在は残念ながら非公開となっています。フェンスの向こうに立ちふさがっている重厚で大きな鉄の扉を眺めていると、突然扉がバーン!と開いて中からサンダーバード2号(?)か何かが出てくるんじゃないか…という他愛のない空想にふけってしまうほど、この倉庫にはただならぬ存在感が漂っています。

さて、旧住友倉庫を少し西に歩くと、ある港湾運送業者の平屋の倉庫が見えてきます。こちらも赤レンガづくりで、先ほどの倉庫よりも古い大正4年の建築です。そして、何よりも現役で使われているのには驚きます。体格や体力は若者にとてもかなわないけれど、古参の意地がそこにはあります。

Image003_2 余談ですが、手前にある土砂掘削用のクラムシェルバケットに「工場萌え」的な感情を抱いてしまい、思わずシャッターを切りました。倉庫の「静」とバケットの「動」という面白い組み合わせが収まりました。

赤レンガ倉庫の散策に疲れたら、昭和10年築の近代建築「天満屋ビル」まで頑張って歩きましょう。ビルの2階にカフェがあるのでティータイムが楽しめます。
このカフェ、不思議なことに入口が2階にしかありません。というのは、先にも触れましたが、この地域の地盤がかさ上げされたために、1階部分が「半地下状態」になっているからなんです。もちろん1階に「下る」階段もあります(ただし、会社の事務所なので入れません!)。

Image004 天満屋ビルの隣は、昭和8年築でスクラッチタイルの外壁が特徴の「商船三井築港ビル」です。このビルは、もともと凸型の概観だったんですが、のちに両肩の部分が増築されました。外壁の色をみるとその変遷がはっきりわかります。
商船三井築港ビルにはユニークなテナントが入居しています。1階(厳密には旧2階!)にはデザイン事務所兼ギャラリーがあって、不定期ですがキャンドルバーなどのイベントを開催しています。キャンドルのほのかな灯りでお酒を飲む…というプライスレスな時間を過ごすイベントが私のイチオシです。

地階にはアートプロジェクトの企画を手掛ける現代美術のギャラリー、さらに2階には岡山県児島のジーンズ職人が手がける有名ジーンズメーカーのショップもあります。まさに、知る人ぞ知る「お楽しみスポット」といえるでしょう。

以上、築港のあまり知られていない見どころをザッとご紹介しましたが、そこには古き良きものの上に、創造的な感性を持った新しい時代の息吹が宿りつつあるようです。

【散策マップ】http://pianpo.com/minaart/minamap.html
・天満屋ビルのカフェ http://www.tapo.jp/blog/
・デザイン事務所兼ギャラリー http://jkgraphis.biz/stem_gallery 
・現代美術ギャラリー http://www.g-yamaguchi.com/index/index.html
・ジーンズショップ http://www.daniajapan.com/

|

2008年8月25日 (月)

新水辺空間ほたるまちから、水都巡り新型観光船「きらり」デビュー!

  水の都・大阪の昔と今と未来を結ぶ歴史・橋めぐり。大阪の水の回廊を落語家といく「なにわ探検クルーズ」は、利用観客数も10万人を超え、9月1日から新型船がデビューする。それに先立ち、8月21日就航記念試乗会が行われ一足早く、色鮮やかな船体を披露した。北区ほたるまちでの記念式典には平松市長も駆けつけ、水都大阪2009の前景気をこめてあいさつ。

「“ちゃぶだい返し”の1件から(笑)、注目を浴び、水都大阪2009は、具体化にむけ邁進しております。東西の川、南北の川、大阪の水の回廊。“きらり”とひかり輝く大阪の未来に向けて、いろんな方向から、大阪を元気にしてゆきましょう」。

 受けて、小川副知事が、橋下知事のメッセージを代読。「知事は“ひっくり返し”ましたあと、ノリすぎて(笑)、水都大阪再生のとりくみに非常に関心を持って臨んでおります。この新型船が水の回廊の新しい顔になりますようにと願っております」

 続いて、定期船の新名称が披露された。一般公募356件から選ばれたのは「きらり」。さわやかで楽しい子供たちにも愛されるネーミング、と選出された。水都大阪の将来がきらきら輝く様にという思いがこめられている。冒頭の市長挨拶で先にネタばらしされており、会場が沸く。

 最後に、一本松海運(株)一本松榮社長の挨拶。「一本松海運は作家・宮本輝の「泥の河」の舞台になったこの中之島西界隈で生業し94年の歴史を迎えました。昔の水都は、賑やかでした。昭和39年以降、地盤沈下で舟の運行も減少し、もういちど、この河に、船を走らせたい、そんな想いで、8年前から試行錯誤を続けました。1、2mの橋をくぐる難問の克服は、船の設計に関った港区の造船所さんが“自分達の船を大阪の河に走らせたい”との熱意で、やっと新型船がデビューできることになりました」

  「きらり」お披露目記念セレモニーは、ほたるまち港船着場で来賓関係者によるシャンペンシャワー。惜しげもなく降り注がれたシャンペンと821個(8月21日を記念して)の風船で初就航を祝った。

 鮮やかなイエローボデイ、開放感たっぷりのガラス張り天井、スライド式でフルオープンの新型船は、水都大阪の夢と未来を語り合う期待をこめられて、9月1日から運航を開始する。

シャンペンシャワー 821個の風船 新造船「きらり」

(広報CP高橋英子)

|

2008年8月20日 (水)

夏の夕涼みに中之島へ通じる橋を歩いてみるのはいかがですか?

中崎町流行通信 狩野 哲也

中之島って風情のある橋がたくさんかかっていますね。僕は北区に住んでいますので、自転車で心斎橋や難波へ行く際は必ず中之島に架かっている橋を渡ります。

Image630_5 特に警察署の前にある鉾流橋をよく利用します。天神祭りの鉾流しの神事は、この橋のたもとで行われるのでこのような名前が着いています。立地的には南は大阪市中央公会堂に通じる橋であり、ライトアップされた中央公会堂はとても存在感がありますね。

Image631_3 この橋を夜に通ると、西に見える橋がとても素敵なことに気づきます。その橋の名前は水晶橋です。石の階段を上って渡る、歩行者専用の小さな橋です。ここに来ると必ず景色を眺めたくなります。

Image625_3

夜に水晶橋を歩くと川面にオフィスビルの光が反射して、赤、青、オレンジのたくさんの色が川面を彩ります。都会の真ん中なのになんだか静かで、心地よい風を感じることができます。

Image623_2

西に目をやると、上に高速道路が走っており、湾曲するカーブがダイナミックで、そのカーブの向こうには堂島や梅田のオフィスビルが見えます。

ちょうどその水晶橋で「水辺ナイト」というイベントが8月27日(水)にあります。

「水辺のまち再生プロジェクト」というNPOが、大阪の水辺を楽しもうと呼びかけ、実行委員会形式で毎年開催されているイベントです。昨年は約400名の人たちが、音楽やお酒を楽しみながら中之島の水辺を楽しまれたようです。その模様はこちら

梅田や淀屋橋を通勤通学でご利用のみなさん、一度足を運んでみませんか?

水辺ナイト
 場所/水晶橋、若松浜、ふれあいの岸辺
 日時/2008年8月27日(水) 19:00~22:00
 詳細/水辺のまち再生プロジェクト(http://www.suito-osaka.net/

中崎町流行通信  http://nakazakicho.blogspot.com/

|

2008年8月18日 (月)

ゲストハウスからみえる大阪(2)

ゲストハウス由苑 椎野 佳奈

02_8

vol.2 どこかおもしろい所ある?

「大阪では1日しか時間がないんだけど、どこに行くのがおすすめ?」
「大阪城と海遊館と道頓堀は行ったけど、どこか他におもしろい場所ある?」

本当によく聞かれる質問です。
答えるのに、毎回悩みます。

いわゆる観光地を案内するべきなのか?
それよりも私たち現地の人間がおもしろいと思う場所を教えてあげるべきなのか?

アドバイスする側としては、前者は無難。後者は不安。
相手にもよりますが、私はなるべく後者を案内するようにしています。

「ここは最近おもしろいお店がたくさんオープンしているエリアで、
変わったギャラリーとか町屋を改装したカフェとかあるよ。」

「地元の人たちしかいないと思うけど、おもしろい立ち飲み屋があるよ。」

「今日はフリーマーケットやってるよ。」

そういう話をするとみんな本当にうれしそうな顔をして、
「じゃあそこ行ってみるよ!」と言って出かけて行きます。

観光地として整備されている場所は、外国語での誘導もされていて、
パンフレットもあるので、紹介する側にとっても簡単だし、
観光客にとってもラクなのですが、私としてはやっぱり、
大阪で特別な思い出を作ってほしい。

そういう想いで、観光地じゃないおもしろスポットを
アレコレがんばって説明しています。
(と言っても、特に外国人の場合、口頭だけで説明するのは
想像以上に大変ですが・・・。)

一体、彼らにとって「思い出」に残るのはどんなことなのか??

いろいろな国からのお客さんと話していてわかってきたのは、

地元の人たちと近距離で触れ合う(現地の友達ができる)
人々の普段の生活や慣習を垣間見る(現地に溶け込む感覚になる)
旬な情報を現地の人に教えてもらう(他の観光客にはない自分だけの経験ができる)

どうやら、こういったことのようです。

観光地を多く抱える京都や奈良においては
「どこかおもしろいところある?」なんて
質問をされることは、あまりないのかもしれません。

でも、"大阪にもまた来たい"と思ってもらうには、
地元の人が「おもしろい」と思っている場所について
彼らが気軽にアクセスできるようになっていることが、
とても大事なのではないかと思います。

|

2008年8月12日 (火)

暑気払いにショート映画はいかがですか~

エッセイスト 武部好伸

 昨今、ハリウッド映画を中心にCG映像を多用したアクション大作が目立ってきています。上映時間が3時間を超える作品もザラです。でも、喜劇王チャップリンの初期の短編コメディーに象徴されるように、映画の原点は短編にあるとぼくは思っています。限られた時間のなかで物語を収斂させ、ポイントを突いた映像でテーマをきちんと伝える。そこに映画の要素がすべて詰まっていると思えるからです。しかし残念ながら、短編映画を観る機会がひじょうに少ない。

Photo  19日~24日、大阪・梅田HEP FIVE8階のHEP HALLで開かれる「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2008 特別上映 in 大阪」は、短編映画の醍醐味を知り得るビッグイベントです。アメリカのアカデミー賞公認の映画祭で、今年が10回目。大阪では7回目を迎えます。

 世界中から集まった3000本のなかから選りすぐった約70本が上映されます。映写時間は1分~25分。アジアの優秀作、ブラジルの作品、韓国のミュージック・クリップ、アカデミー賞短編実写部門の受賞作とノミネート作、地球温暖化に警鐘を鳴らす作品など多岐にわたっています。ほとんどが無名のクリエーターの作品で、この映画祭が彼らの登竜門になっているといわれています。サンプルのDVDを拝見しましたら、山椒のようにピリリと効いた作品ばかり。

Photo_2  第2次大戦中のドイツでユダヤ人の子と心を交わす息子のあどけない姿を描いた『Toyland/おもちゃの国』(独、13分52秒)の心理描写の素晴らしさ。ハリウッドのスター、レオナルド・デッカプリオがプロデュースし、ナレーションも務めている「ストップ!温暖化部門プログラム」のドキュメンタリー映画『グローバルウォーミング』(米、4分43秒)のメッセージ性の強さ。どれも短編ならではのキレの良さがあります。

 大阪の夏の風物詩として、この映画祭が定着するよう願って止みません。この機会にぜひ“映画のなかのもうひとつの映画”を堪能してください!

 問い合わせ:大阪ショートショート実行委員会(℡06-6131-0155)。公式サイト:http://osaka.eigasai.com/

|

2008年8月 5日 (火)

ゲストハウスからみえる大阪(1)

                            ゲストハウス由苑 椎野 佳奈

Uen1_2

vol.1 はじめに

海外では「安宿」の代名詞の「ゲストハウス」。
日本では(特に大阪では)まだまだ普及していませんが、
滞在費用が安く、旅人同士、また旅人と地元の人たちが
情報交換を出来る場所として、大きく活用されています。

うちの宿にも、近年街中でよく見かけるようになった大きな荷物を背負っている観光客、
いわゆるバックパッカーを中心に国内外からの個人旅行者が多くやってきます。
彼らはパッケージツアーや団体で旅行するのではなく、
自分たちですべての行程の手配をします。
明日は何をするか、どこに行くか未定、という旅行者もめずらしくありません。

今回このブログでは「ゲストハウスからみえる大阪」というタイトルで
連載をさせていただこうと思っています。

大阪をさらに旅人にやさしい街にするために、
宿主として聞いて感じた彼らの生の声を
フィードバックしていければと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

*これから書いていこうと思っていること(順不同)

 ・海外旅行者が知りたい、覗きたい日本のこと
 ・みんなどこで観光して、何を食べている?
 ・旅行者から見た大阪の魅力--大阪はおもしろい?
 ・大阪に来る旅行者のパターン--旅行ルートや過ごし方の違い
 ・安宿の魅力、宿に求めるもの
 ・意外な「おもしろい」もの
 ・これはどこで買えるの?
 ・まだ見ぬ日本の「友人」におみやげを
 ・他のアジアの国々にはあって日本にはないもの
 ・日本のマンガ、アニメはスゴい!!
 ・もっと観光名所にできるはずの場所
 ・ガイドブック&口コミの威力
 ・旅人たちが大阪に求めるもの
 ・観光補助都市として必要なもの…海外の例を含め

などなど。

|

2008年7月14日 (月)

大阪の夏祭り

エッセイスト 武部好伸

 7月の大阪は夏祭りのシーズン。愛染さん(6月30日~7月2日、天王寺区の愛染院愛染堂)からはじまって、住吉さん(7月30日~8月1日、住吉区の住吉大社)まで、あちこちの神社で祭囃子が聞こえ、にぎわいを見せます。

 小学生のころ、ぼくはとびきり祭り好きの子どもだったので、7月の声を聞くと毎日、浮き浮きして勉強なんぞまったく手につかず、そのうち夏休みがスタートするや、気分の高揚はピークに達していました。だから7月は1年のうちでもっとも楽しい月でした。

 生國魂さん(7月11日~12日、天王寺区の生國魂神社)、天神さん(7月24~25日、北区の大阪天満宮)、住吉さんが大阪の三大祭りといわれています。全国的な知名度と規模からして、天神さんが一番有名ですが、ぼくは氏子だった生國魂さんにいまでもすごく愛着を抱いています。

 町内に獅子舞いがやって来て、やんやの喝采。境内は練り歩く神輿とエネルギッシュな枕太鼓で盛り上がり、皓々とした露店の明かりに眼がくらみそうでした。それはそれは別世界のよう。戦前には、大阪城まで1000人を超える大行列があったといわれています。その勇壮さは父親からよく聞かされていましたし、織田作之助の原作を奇才・川島雄三監督が映画化した『わが町』(1956年)でも映っていました。

Photo  今年も生國魂さんの本宮(12日)に出かけました。それも日没後ではなく、うだるような暑さの白昼に! 露店はまだテントで覆われており、参詣者も少なく、どこか閑散としていましたが、厳かな神幸祭やご神体を車で大阪城まで運ぶ渡御(おわたり)など、夜の祭りでは見られない神事を目の当たりにすることができました。

Photo_2 ちびっ子たちの姿も目立ち、とてもほほ笑ましい。祭りの伝統や雰囲気がちゃんといまに受け継がれているんやなぁ。そう思うとたまらなくうれしくなり、大阪人に生まれてよかったと実感しました。

 大阪の夏祭りには素朴な〈華〉があります。それを季節限定の大阪のブランドとしてとらえてもいいと思います。ぼくの隣で、額に大粒の汗を流しながら、カメラを激写していた年配の男性は富山から見に来たと言うてはりました。天神さん以外の祭りも全国に向け、どんどんアピールせなあきまへん!

|

2008年6月16日 (月)

日本一おもしろい国へ

  Jagda01  Jagda03

去る6/13(金)~15(日)に、社団法人日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)の全国大会が、23年ぶりに大阪で開催されました。テーマは「Another Japan ~日本一おもしろい国へ~」。

6/14(土)に行われた講演会では、第一部に「大阪万博 EXPO’70が描いた未来」と題して、SF作家の小松左京氏、デザイナーの永井一正氏、福田繁雄氏が登場。一大国家プロジェクトであった“万博”の基本コンセプトを当時三〇代の人たちが作っていたこと、そこには日本のクリエイターが総結集し、岡本太郎氏の“太陽の塔”に象徴される、インディペンデントなパワーみなぎるイベントとして体現されていたことなどが、お話からうかがえました。
大阪のクリエイティブは、この時代には、大きなインパクトを持っていたんですね。

第二部は「関西発クリエイティブの未来」。デザイナーの服部滋樹氏、構成作家の倉本美津留氏、そして総合ナビゲーターの後藤繁雄氏が、大阪の持つ独自の感性や魅力について語りました。一つのジャンルに留まらず、ジャンル外のものをエネルギー源にしているところが大阪の強みであり“おもろさ”である。とにかく自分たちが“おもろい”ことをやりつづけること。大阪の未来は、その先にしかないんじゃないか。

みなさんのお話は、そんな決意のコトバとして響いてきました。

(大阪ブランド情報局 山納 洋)

|

2008年6月11日 (水)

アラン・デュカス氏、平松市長を訪問

Dsc_0876_3 Dsc_0873_2 Dsc_0906_2

去る6月6日(金)、フランス料理界の巨匠・アラン・デュカス氏が平松市長を訪問しました。デュカス氏は来る10月3日(金)に、関西初のビストロ・フレンチレストラン『ル・コントワール・ド・ブノワ』を、西梅田ブリーゼタワー33階にオープンする予定です。

世界に20以上のレストランと4つのオーベルジュを展開するデュカス氏が大阪を訪れたのは2006年。大阪のまちの輝かしい歴史と混ざり合う現代性、そこから生まれる文化的ダイナミズム、特に豊かで生き生きとした食文化に魅了されたデュカス氏は、すぐに大阪への出店の意向を固めました。
その後、たこ焼きからうどん、大阪寿司、割烹・料亭に至る大阪の食をいろいろと体験し、地元の素材、風土、気風=『大阪テロワール』を検証して、店づくりに活かしてきました。

訪問を受けた平松市長は、2006年にデュカス氏が中央卸売市場を見学した際、MBSのアナウンサーとしてボイスオーバーを務めたという逸話を披露され、「ぜひ大阪に新しいテイストをつけていただきたい」と期待を述べられました。

「大阪にはまちの至るところに喫茶店があって、コーヒーが飲める。伝統的な喫茶店が残っているということは、まちのルーツを大事にしているということ。そのことがうれしかった。」とデュカス氏がおっしゃったことが、個人的には印象に残りました。

(大阪ブランド情報局 山納 洋)

|

2008年6月 4日 (水)

都心の別天地、うつぼ公園

エッセイスト 武部好伸

Photo_2  天気のいい日、空気が澄み切ったさわやかな朝のうちに、ぼくはよくうつぼ公園までウォーキングします。到着するや、バラ園で体操をして身体をほぐし、軽くジョッギング。いまはバラの花が咲きごろとあって、カラフルな色彩を眼で楽しみ、芳しい香りに包まれて汗を流しています。なんとも気分がいい!

Photo  噴水があり小川が流れるこの端正なバラ園だけでなく、ケヤキ並木に心地よい刺激を与えるオブジェの数々、ときおり歓声や嬌声が聞こえてくるテニスコート……。大阪市内のど真ん中にこんな贅沢な空間がひろがっているなんて、ほんま、ありがたいと思っています。「都会のオアシス」ではあまりにも陳腐なので、「都心の別天地」とでも表現しましょうか。ちょっとおおげさかな~。

 いやいや、そんなことはありません。四囲に摩天楼がそびえるニューヨークのセントラルパークのような広大な敷地ではないけれど、かえってこぢんまりしたところに心が安らぎます。戦後、進駐軍の飛行場だったとオヤジさんから聞いたことがあります。だから細長いんですねぇ。公園のまわりのビルやマンションの1階にはオシャレなレストランやカフェが最近、増えてきており、この界隈は市内屈指の注目スポットです。

 もっとこの公園をPRしてもいいのではないでしょうか。大阪人ですらまだ一度も足を運んだことがない人が少なくありません。いつぞや岡山の知人をバラ園に連れて行ったとき、あまりの美しさに「わーっ!」と声を上げていました。外国人観光客が感嘆した様子でカメラのシャッターを切っている光景も眼にしたことがあります。100%だれにでも気に入られる公園。世界に誇れる大阪ブランドですよ!

 ただ、「靱」と漢字で記すと、読めない人が結構います。豊臣秀吉の口から出た「靱(うつぼ=矢を入れる道具)」という言葉に由来するとか。でもだれだったか、「カバン公園?」「クツ公園?」とかと訊かれたことがあったなぁ。いっそのこと、わかりやすく「うつぼ公園」と平仮名に統一すればいいと思うんですが、いかがなものでしょう?

|

2008年6月 3日 (火)

落語のまちのシンボル~池田市・落語みゅーじあむ

落語家  林家竹丸

 「○○で街おこし」のニュースはよく見かけますが、「落語のまち」として観光PRをしているのが、大阪府池田市。 全国的にも珍しい存在です。

 上方落語には、池田を舞台にした噺「池田の猪買い」「池田の牛ほめ」があり、落語会でよく演じられています。いまではベッドタウン化が進む池田は、古くから能勢地方と大阪の中継地点として栄えました。庶民の娯楽である落語に登場するほど、存在感のある郊外都市であったようです。

080207_1136  そんな歴史と伝統を誇る「落語のまち」のシンボルが、2007年4月に誕生しました。池田市立上方落語資料展示館、通称「落語みゅーじあむ」です。民間から賃借した2階建ての館内は、1階に落語の舞台や、上方落語の歴史を紹介する4台の壁面ディスプレイが設置されています。2階には、上方落語のCD、DVDの視聴コーナー、関連書籍の閲覧コーナーなどがあり、まさに落語図書館といった感じ。これらが無料で楽しめますから、落語ファンなら一日じゅう過ごせますし、これから落語を知ろうという人にもオススメの場所です。

 1階で毎月第2土曜に開かれる落語会(有料)は、毎回、超満員。私が昨年10月に出演したときも、立ち見を含め約150人のお客さんで盛況でした。最近は前売り券が売り切れてしまうそうです。さらに、プロの落語家が講師を務める落語入門講座も開催され、アマチュアの皆さんが「猪買い」「牛ほめ」などの稽古に励んでいます。 (年度末の修了時に発表会があり、桂三枝名誉館長から芸名がもらえます)

 「猪買い」「牛ほめ」は、主人公が大阪から池田まで約16キロの道のりを1日がかりで歩くので、旅の噺とされています。いまなら阪急電車の急行で約20分。軽い遠足気分で「落語みゅーじあむ」に出かけてみてはいかがでしょう。これはこれで、きっとシブイ旅になりますよ。  

落語みゅーじあむ=阪急宝塚線「池田」下車、栄町方面へ徒歩7分。火曜日休館。                                          TEL 072-753-4440    

|

2008年5月15日 (木)

関西を支え、国を支える~“高き志と熱き心”で

003  関西国際空港株式会社の宮本一会長(76)は、大阪・北区のヒルトン大阪で開催された関西プレスクラブ5月定例会で『アジアの元気を関西に』をテーマーに講演した。成田上場益で負債削減のビジョンや中国を筆頭にアジア諸国からの観光客に着地メニューの充実の取り組みの必要性を話した。

 2007年度の関空発着回数は過去最高の12万8943回を達成、今年度は13万7000回を目標に掲げている。「お客様第一、高き志と熱い心を持ってが、就任以来の理念です」。結果、お客様満足度の指標となる「Airport of the year 2007」で日本の空港では唯一4年連続ベスト10入りを果たし、貨物機能、社債格付など各方面から高い評価を受けている関西空港。

006  関空から就航する国際線の4割が中国行き。観光目的で日本を訪れる中国人の8割以上が関西を訪問しているという現状から「関西の観光資源、とくに今後は産業観光といった新しい取り組みでアジアからの集客を強化、関空として支援していきたい」と、関西へのインバウンドを拡大する課題を示した。

(広報CP・高橋英子)

|

2008年5月13日 (火)

チンチン電車と住吉界隈

エッセイスト 武部好伸

 ノスタルジックな雰囲気がただよう阪堺電気軌道の恵美須町駅からチンチン電車に乗って住吉大社へ向かいました。ここ数年、初詣でも訪れていないので、ほんとうに久しぶり。しかも路面電車で行くのは、ひょっとしたら小学生のとき以来かもしれません。座席に腰をおろすや、なんだか童心に返ったように心がうきうきしてきました。

Img_0138 住吉鳥居前で下車、眼の前の鳥居をくぐり、有名な太鼓橋(反橋)に駆けのぼり、四囲を見渡しました。亀がのんびり泳いでいる眼下の深緑色を呈した池、綿菓子やたこ焼きを売る露店、黙然と写生する人たち、ゆったりとした足取りで散歩するお年寄り、そして眼にまばゆいばかりの新緑の樹々……。初夏のような陽射しのもと、すべてが調和しており、ひじょうに優しい光景がひろがっていました。そんななか、ガタンガタンとチンチン電車の音が心地よく耳を刺激してくれます。

 「何事もうまくいきますように!」と本殿でしっかり願をかけてお参りしたあと、電車道へ戻り、少し北側へ歩を進めると、カメラを手にした人たちが数人、立っていました。彼らが狙っているのはチンチン電車でした。阪堺線と上町線が交差するスポット。電車をレンズに収めると、すごく絵になる。どのアングルでもOK。思わず仲間入りし、「チンチン電車のある住吉」を激写しました。

Img_0140  ぼくの幼かったころ、大阪の街のいたるところに市電が溶け込んでいましたが、いまや路面電車はこの阪堺線と上町線だけとなりました。住吉大社を中心とした界隈には、街のたたずまいとしてチンチン電車が不可欠だと思いました。絶妙の取り合わせ。この空間はまぎれもなく大阪のブランドなんだ! そう実感しながら、ノロノロと通り過ぎる電車に向け、熱い思いを込めてシャッターを切りました。

|

2008年5月 2日 (金)

映画館文化へのエール

エッセイスト 武部好伸

 DVDやパソコンによって映画を家庭で観るのが当たり前になってきたけれど、映画はやはり映画館で観るべきものだとぼくは思っています。自称、映画館主義者です。Vシネマ以外、監督をはじめスタッフはみな、大きなスクリーンに自分たちの汗と涙の結晶が映し出されることを想定して作っているからです。だからこそ、映画の上映館にぼくは愛おしさを感じます。

 今日、その上映館のほとんどがシネコンですが、(基本的に)座席指定などなく、いつでも入退出できる劇場がぼくにとっては永遠の映画館なのです。そこには、垢抜けた若いスタッフばかりで、やけにオシャレなシネコンとはちがって、ひじょうに庶民的な空気が漂っています。映画って芸術的な側面がたしかにありますが、大衆娯楽の要素が強く、映画館にはそれが濃厚に宿っています。そしてなによりも映画が光輝を放っていた黄金時代を支えてきたのです。ぼくはそこに文化を感じます。映画館文化です。

Photo  そのもっとも映画館らしい映画館ともいえる千日前国際劇場が、3月末、62年の歴史に幕を降ろしました。大阪には、新世界や天六(天神橋筋6丁目)などにまだ従来の映画館が存続していますが、日本の映画興行発祥の地ミナミから映画館が消えてしまい、ほんとうに残念でなりません。この映画館は、ある意味、大阪の映画館文化のブランドだと思っていたからです。

 時代の流れとはいえ、シネコンばかりになってしまうと、どうも味気ない。1館で多数の作品を上映しているのはありがたいですが、没個性的というか、基本的にどこもよく似た雰囲気。そこが面白くないです。その点、千日前国際劇場にしろ、松竹座にしろ、OS劇場にしろ、かつて映画館は劇場ごとに独特な味を出していたと思います。

 古臭いとか、懐古趣味とかと言われようが、ぼくのように映画館を愛する人たちがまだまだ多くいます。ひょっとすると、シネコンだらけのなか、映画館がかえって注目されることもありうるかも。どう転ぶかわからないのが、世の常ですから。

Photo_2  千日前国際劇場の最終日、「さよなら上映」の石原裕次郎主演『狂った果実』(1956年)をひとりしんみりと観ながら、そんなことを考えていました。

|

2008年4月 7日 (月)

アジア初!大阪発2009ブロードウェイ公演へ!

 いよいよ始まりました!出口最一プロデュース『TRIP OF LOVE』トライアウト公演(プレビュー4月4日~13日、本公演4月14日~5月14日、大阪市中央区・シアターBRABA!にて)。耳慣れない“トライアウト公演”とは、ミュージカルの本場・ブロードウェイでの公演前に、観客や劇評家の反応をみるために行う地方公演をいいます。この公演での成功がブロードウェイでの成功につながるため、全スタッフ、キャストが完成形に向けて緊張感を高めるものです。
 『TRIP OF LOVE』は、歌や踊り、豪華衣装がふんだんに出てくるエキサイティングなレビューショー。ストーリーのベースは『不思議の国のアリス』。キャストは、大阪、東京、福岡、ニューヨークの4か所でオーディションされ、515名の中から選ばれた23名のプロ。うち日本人は7名。大阪出身者が1人!
 なぜ「大阪」でトライアウトなのでしょう?出口プロデューサは「かつての大阪は“芝居のまち”でした。本来、大阪にはものを作って競うという土壌がある。文楽や歌舞伎しかり。今回のトライアウト公演によって、大阪発のミュージカル文化が、東京を飛ばしてニューヨークで知られることで、大阪人の自信につなげたい」と熱い思いを語られています。2009年のブロードウェイ公演開催前にここ大阪で繰り広げられている舞台、せっかくの機会に足を運んでみてはいかがでしょう。
※ 出口氏と当協会理事長らが大阪の演劇事情や今後のビジョンを語る鼎談は、広報誌「大阪文化力102号」(発行5月25日予定)にて掲載いたします。(広報CP高橋英子)

2 3 Dsc_5677

本番前、舞台にて 、鼎談撮影風景

Photo

壮大な大スペクタルが繰り広げられる舞台

|

2008年4月 1日 (火)

「ちりとてちん」バンザイ! 林家竹丸

080401_0050  NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」が3月29日、最終回を迎えました。ヒロインが落語家修業を積む設定は朝ドラ史上初めて。しかも舞台が大阪です。私の師匠・林家染丸が落語監修として深く関わっただけに、私も気合いを入れて見てました。市販のドラマガイド(写真)を購入し、全151回のうち、見逃したのは録画に失敗した10回だけです。

 視聴率はけっして高くなかったようですが、藤本有紀さんの脚本が素晴らしいとの評判は、新聞のコラムなど、あちこちで見聞きしました。藤本さんは染丸宅や楽屋にいらして、落語界のことを実に細かく取材されたそうです。楽屋のしきたり、弟子入り志願に来る連中の人間模様、師匠と弟子、きょうだい弟子の関係、稽古の方法、新弟子の失敗……などなど。 実際のエピソードがドラマにぎょうさん盛り込まれていました。入門したてのヒロイン徒然亭若狭がしでかす失敗の数々は、ひょっとしてオレの話?と思うことがしばしば。自分の修業時代を思い出し、とてもこと笑えませんでしたヮ (^^;)  どれが竹丸のしくじりかはナイショです。

 ドラマでは「伝統」「修業」が大きなテーマになっていました。ヒロインの実家の家業である若狭塗り箸の世界も、落語と同じく、師匠から弟子へと受け継がれていくものがあるんですね。漆を何重にも塗り重ねてから研ぎ出し、美しい模様を作っていくそうです。

 私が一番心にしみたセリフは、少女時代のヒロインに、米倉斉加年さん扮する塗り箸職人の祖父が語りかけた言葉です。「人間も箸とおんなじや。研いで出てくるもんは、塗り重ねたもんだけや。一生懸命生きてさえおったらぁ、悩んだことも、落ち込んだことも、きれぇな模様になって出てくる。おまえのなりたいもんになれる」。 

 制作したNHK大阪放送局(通称BK、大阪ではビーケーで通じますね)のドラマ班も、監督さんはもちろん、美術、照明、カメラなど、それぞれの持ち場で職人技が活きています。見事なチームワークのもと、伝統のBKドラマに、またひとつ傑作が加わりました。「ちりとてちん」、バンザイ!

|

2008年3月19日 (水)

アートと一緒に大阪散歩―大阪・アート・カレイドスコープ2008

 大阪の都心に現代美術が繰り出す「大阪・アート・カレイドスコープ2008」が、市内各地の会場で開催されています。

 今年のテーマは「大阪時間」。古代から現代に至る悠久の時間の中で、多様な歴史を積み重ねてきた大阪。その時間に思いを馳せ、アーティストたちがさまざまな作品を出品しています。多彩な作品の魅力もさることながら、この企画のもう一つの楽しみはまち歩き。会場は大きく谷町エリア(現代美術センター、難波宮跡)と船場エリア(大阪証券取引所、大阪ガスビル、船場ビルetc.)に分かれ、各展示会場はそれぞれ歩いてまわるのにちょうどよい距離です。随所に散らばるアートを訪ね歩きながら、大阪のまち再発見が楽しめます。特に船場エリアは、展示会場となっているビルが「大阪時間」を刻んできた近代名建築の数々。それ自体がアートであり、大阪時間の証人でもあります。

Senbabldg01 Sibakawa_cafe Kitanohouse

 また、現代美術センターでは観光PR映像「大大阪観光」(昭和12年制作)と、昭和20年代から50年代にかけて制作された大阪市ニュースが放映されており、大阪の変遷を追体験できます。全て見るには2時間ほどかかりますが、ぜひ時間をとって全編見ていただきたい貴重な映像の数々です。

 ぜひこの機会に、アートと一緒に大阪のまちをそぞろ歩きながら、豊かな大阪時間に身を委ねてみてください。

大阪ブランドセンターCP 小村みち

大阪・アート・カレイドスコープ2008
http://www.osaka-art.jp/genbi/exhibition/kaleido_08/
※大阪府立現代美術センター(谷町4丁目)他で2008年3月20日まで開催中

【写真説明文】会場いくつか
・南欧の雰囲気漂うパティオのある船場ビル。作品展示は屋上に。
・かつて家政学校のあった芝川ビル屋上には特設カフェも。
・大阪大空襲にも耐えた築80年の木造家屋・北野家住宅。

|

2008年3月13日 (木)

大阪の原風景のひとつ、渡船

エッセイスト 武部好伸

Photo  潮の匂いを久しぶりに嗅ぎ、ちょっぴり心が華やぎました。大阪湾に面していない川岸にいるのに、思いのほか海の世界に浸れたからでしょうか。ぬめりとした鉛色の川面を駆け抜ける早春の風がなんとも心地良い。寒かった冬がようやく終わったんやなぁ。そう思わせる、非常にまったりとした風情のなか、渡船が人を運んでいきます。

「足元に気をつけてください」

「はい、ありがとう」

 船を操る大阪市の職員と利用者とのあいだで交わされるさり気ない会話に、いや応なく日常を感じさせられます。当たり前のように人は船に乗り、対岸に着くや、当たり前のように去っていきます。航行時間は一分そこそこ。365日、そんな変わらぬ光景が続きます。渡船は市民の足。だから無料です。

 大阪市西部の安治川、尻無川、木津川などに現在、8か所の渡船場があります。戦前の昭和10年ごろ、利用者数がピークを迎えたらしいですが、いまでも平日の朝夕は通勤、通学の人たちで混み合うそうです。工場の煙突や倉庫をバックに、川岸を行ったり来たりする渡船はほんとうに絵になります。

Photo_2  なんでもかんでもスピードアップが図られている昨今、大都会のなかでこんな悠長な交通機関がしっかり活躍しているなんてちょっと信じられません。ぼくはそこにたまらなく郷愁も覚えます。なんだか大阪の原風景を垣間見るような気がして、ホッとするんです。渡船は、ある意味、大阪のブランドなのかもしれません。

 自転車を押して乗船し、川面からの視線でキョロキョロ周りの風景を眺めていたら、ガツンと衝撃を受けました。見ると、小柄なおばあちゃんが手に提げている買い物袋がぼくの自転車に当たったようです。眼と眼が合った途端、おばあちゃんの口から柔らかい大阪弁が……。

「ごめんやす」

 胸がポッと熱くなりました。

|

2008年2月13日 (水)

あゝ、厚年……、ひとつのブランドの消失!?

エッセイスト 武部好伸

Photo こぢんまりとした公園に面して、ドカッと居坐っている茶色の建物。公園をはさんで南側から望むと、それはなんともシックに感じられ、周囲の落ち着いた街並みともよくマッチしています。しっとりと風情に溶け込んでいる、そんな大阪厚生年金会館(大阪市西区新町)がぼくは大好きです。ちょっと敷居の高い中之島のフェスティバル・ホール(同市北区)よりも身近な存在~。

 そこはまたいろんな思い出の詰まった場所として、ぼくの心に刻まれています。ロック、ジャズ、演劇、舞踏、映画、落語など、ほんとうにさまざまなジャンルの催しを学 生のころから楽しんできました。15年前(1993年)の9月、アメリカのロック&ヴォーカル・グループ「スリー・ドッグ・ナイト」の再結成コンサートが、なぜか印象に残っています。もう二度と眼の前で観られるとは思っていなかったからかな。いまでは、「ウェルシティ大阪」というシャレた名がつけられていますが、ぼくにとってはずっと「厚年(こうねん)」です。

 文化発信地なのに、赤字でもないのに、その厚年が今年9月に営業停止になるということです。このニュースを耳にしたとき、ぼくは計り知れないほど衝撃を受けました。そんなアホな!? ウソやろ!? なんでやねん!? そして猛烈に腹が立った。居ても立ってもおられず、閉鎖反対・存続を求める署名もしました。しかし、全国の年金福祉施設の整理合理化計画に伴うもので、どうしようもないとか。愛知や徳島などの厚生年金会館も同じ憂き目に遭うらしい。なんともやるせないなぁ。

 厚年は、大阪文化の大きなブランドです。いや、大阪だけでなく、関西屈指の文化的ブランドだと思います。だからこそ、残念で惜しい。今年が建造されて40周年の節目というのに……。なんでやねん!? 厚年の建物はどこか寂しげで、眼にするたびに深いため息が漏れます。

Photo_2  売りに出されるということですが、いったいどうなるんやろ!? 大阪市民として、気が気ではありません。経営母体が変わっても、従来どおりずっと文化を発信し続けてほしい。いや、そうせなあかんと思います。でないと、大阪にとって取り返しのつかない損失になります。ブランドなのだから、そう簡単に消してはあきまへん!

|

2008年1月30日 (水)

食の安全・安心をモットーに~賀詞交歓会

Imgp5993  社団法人・大阪司厨士協会(木下桂一理事長)の新年賀詞交歓会が、28日北区の大阪新阪急ホテル花の間で開宴された=写真。
 挨拶に立った木下理事長は「注目の知事選に決着がついたばかりです。食だけでなく、家電、玩具と昨年の不祥事は目に余るものがありました。食に関しての内部告発は、3700件を超え、2006年度の2.7倍という数字が出ています。食の安心・安全をよりいっそうこころがけ、食育を通して食文化の普及をすすめてゆきたい。また2009年の食博にむけ、すばらしい、食のあるべき姿の提案を推進していきたい」と力強い宣言。
 辻学園西洋料理研究室・西尾智治教授の司会進行で会員企業、行政担当者らとともに交歓会が繰り広げられた。

広報CP 高橋英子

|

2008年1月25日 (金)

~新春つれづれ 賢者たちは「日本を憂う」~

 野中広務(元自民党幹事長)氏。「政界を引退して4年4が月、腹の中にある好きなことをいいたい」と予定時間を超過して2時間あまりよどみない野中節を=写真。20080117「あまりにも反論を許さない小泉政権の改革、あまりにも閣僚の失態に寛容すぎた安倍政権。自民党が3分の2規定を簡単に使って難しい法案を通すようになったら、公明党が連立離脱を言い出す時期がくるかもしれない」と自民党のあり方についての考え方を辛らつに指摘。大阪は、東京に比する日本の1極として、大阪の新聞社にも政治報道に関しては、社会部的な目線だけでなく“政治部”的な報道姿勢が必要であると関西圏の報道の現状についても辛口コメント。政界の要職を歴任後、52年間の政治生活に終止符を打った後も、社会福祉法人「京都太陽の園」理事長、京都府身体障害者団体連合会長などの公職を担い、講演の話題は尽きない。“ぶれない”反骨の志、83歳にて健在也。
(1月17日関西プレスクラブ例会講演「今、日本を憂う」、大工大大阪センターにて)

 福地茂雄NKH会長(アサヒビール相談役)。「日本国内をみると地域の芸術文化の衰退、外をみれば、アジアの中で日本が孤立している。しかも芸術文化に関しては、このままでは、日本はアジアの最貧国になってしまう」とメセナ協議会賀詞交換会挨拶で。メセナ協議会理事長であり、NHK会長に就任されることに決まった福知氏(25日に就任)。「国家予算を見ても、韓国は、国の予算として文化に1700億円を計上、日本は1070億円です。私は長崎出身で地元のNPOで、長崎を世界遺産に登録する活動もしています。メセナ協議会で10の提言を行ったように、今年は動く!私自身も少し動きますが(笑)、メセナ協議会の活動も動く!をモットーに前進してゆきたい」
(1月22日企業メセナ協議会賀詞交換会、銀座資生堂にて)

広報CP 高橋英子

|

2008年1月 8日 (火)

名優・三國連太郎さんの〈オーラ〉

エッセイスト 武部好伸

 2008年を迎えました。わけのわからん、けったいな事件や出来事が相次いだ昨年より、少しは明るい年になってほしいと切に願っています。

Photo_14  初夢はとくに見ませんでしたが、お正月にぼんやりと家で過ごしていたら、昨年暮れにインタビューした俳優、三國連太郎さんの姿がふと頭に浮かんできました。旧制第7高等学校(鹿児島大学の前身)の青春を、反戦の願いをこめて描いた映画『北辰斜にさすところ』(神山征二郎監督、1月5日からテアトル梅田で公開)で主演を務め、そのキャンペーンで来阪されたのですが、とても84歳とは思えないほど、若々しく感じられました。それはきっと生涯現役をめざしておられるからでしょう。

 撮影時のエピソードや、映画の内容にからんで戦前から戦後の激動期におけるご自身の体験談をユーモアまじりで話されたあと、雑談になり、三國さんの口からこんな言葉が発せられました。

 「俳優という仕事は、社会に迎合した時点でおしまいなんです」

 ホーッ……。なかなか意味深なお言葉。常に反骨精神と何事にも媚びない勇気が必要なだという意味にぼくは理解しました。先の読めない時代にあって、それを実践するのはなかなか容易ではありません。さり気ないひと言だっただけに、すごく印象に残り、この役者さんはやっぱり只者ではないと実感しました。

Photo_15  三國さんといえば、今では『釣りバカ日誌』シリーズ(1988年~)の釣り好きの社長スーさん役で知られていますが、ぼくには、『飢餓海峡』(65年)や『神々の深き欲望』(68年)などで見せた、ひと癖もふた癖もある濃厚なキャラクターをまず思い浮かべます。どこをとっても社会に迎合した演技ではありませんでした。それでは、『釣りバカ日誌』はどうなんですか? ご本人いわく、「軽い喜劇であっても、そこに深いテーマが見えるので、出演しているんです」。

 この人の演技はいまでも進化しています。『北辰斜にさすところ』で演じた寡黙な老人からにじみ出る反戦の気概はすごい! 文句なく、日本映画界の名優だと言える三國連太郎さんは、ブランドそのもの。そこにいるだけで強烈な存在感を与えます。なにしろ、人を呑み込むような〈オーラ〉を身体中から発散しておられるのですから。こんなカッコいいお年寄りになりたいなぁ~。それがぼくの将来の目標です。

|

2008年1月 7日 (月)

芸人の〝お正月〟

 天満天神繁昌亭の新春公演や各地の寄席などへ出演するため、落語家は元日からあわただしく過ごします。これに先立ち、落語界では、ある儀式を年末に行う風習があります。12月13日の「事始め」です。この日、祇園の芸舞妓さんたちが師匠のもとへあいさつに訪れるのをニュースで御覧になったことがあるでしょう。あれと同様のことを落語家も一門ごとにやります。

071213_2310  林家一門の昨年の事始めでは、師匠・林家染丸宅に12人が勢ぞろい。師匠は着物、弟子は黒のスーツにネクタイ姿です。近所の人が見たら暴力団の集まりと間違えるかもしれませんな。鏡餅を飾ったあと(写真)、師弟が正座して向かい合い、筆頭弟子から順番にその年の反省、次の年の抱負を述べます。師匠からは芸の指針となる言葉を授かります。時にはかなり厳しい指摘を受けることも。私は入門以来13回目の事始めでしたが、毎年この場は舞台以上に緊張します。しかし、雑念を取り払って心をリセットし、また芸に励む気持ちになれる場でもあります。

 私が師匠から言われたこと? ひとつだけ公開しましょう。それは「もっと太れ」。ここだけは弟子一同から笑いがもれました。舞台映えが良くなるように、ということです。「3キロ肥えます」と宣言しましたが、公約を守れますかどうか。師匠から新しい扇子、手ぬぐいをいただいて「儀式」は終了です。

 夕方から全員で宴会に突入です。師匠宅でしこたま飲んで、食べて、まぁにぎやかなこと。「きょうは芸人の正月や」と、昔は夜通しで麻雀やポーカーに興じましたが、弟子もみな中年にさしかかり、そんなパワーはなくなりました(^^;) その代わり盃をどんどん重ねた私、来年もうまい酒が飲めるようがんばろう・・・と誓ったのをうっすらと覚えております(例によって飲みすぎました)。

 1月12日(土)、13日(日)の両日、繁昌亭の夜席(18時開演)で「新春林家一門顔見世興行」があります。ぜひ〝初笑い〟においでくださいませ。 (竹丸は12日に出演)

|

2007年12月28日 (金)

Mortal Combat

b-boy、b-girlではないという方も
まずはこちらの動画をご覧ください。

Mortal Combat(モータルコンバット)は
大阪を拠点として活動している
日本を代表するブレイキングチームです。

今年9月に横浜パシフィコで開催された
“JAPAN DANCE DELIGHT”では、メンバー個人個人の
超高難度のスーパームーブが次々に決まる
ミラクルステージを生み出し、優勝しています。
その様子は、最近発売されたDVDにも収録されています。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2659388

今年の“JAPAN”では、1位から3位までを
大阪のチームが独占しています。
大阪のストリートダンスのレベルは
東京に比べてもかなり高いそうですが
これは東京では、ある程度うまくて有名になれば
バックダンサーなどの仕事があり、早い段階で
ダンスで食えるようになるのに対し
大阪ではコンテストに出てタイトルを取るしか
有名になって世に出る方法がない
というハングリーさに裏打ちされた努力に
その理由があるのだそうです。

実は来年の“JAPAN DANCE DELIGHT”を
世界一のストリートダンスコンテストとして
大阪で開催する、という計画が進んでいます。
追ってその状況をお伝えしていきたいと思います。

大阪ブランドセンター CP 山納

|

2007年12月12日 (水)

見出しが躍る!情報公開の徹底を市政方針の柱に~平松次期市長・関西プレスクラブ講演

  “情報公開室新設の方針”(朝日新聞)“大阪・副市長 現職2人で”(毎日新聞)“情報公開室長は局長級”(讀賣新聞)“中学給食いったん中止”(産経新聞)~11日朝刊各紙を飾った見出しだ。10日、関西プレスクラブ12月講演に登場した次期大阪市長・平松邦夫氏(59)。

004  大阪市民にとって、今もっともホットな人物が、どんな市政方針を語ってくれるのか、話題集中!今月19日に晴れて大阪市長に就任する平松氏、開講一番「今はまだ、無職。市長見習いということで」と念押し、当選後初の講演となった理由を「選挙期間中にもかかわらず、関西プレスクラブからオファーがありまして、もし落選しても予定はいれておいてくれと(笑)」。毎日放送北米支局長や長年にわたるニュースキャスターの経歴から「いまだ自分が、メディア側にいるような身内意識的な気分が抜けきれない、取材される側の緊張感を今痛切に味わってます」と前置き、メディアの編集権でどんな見出しをつけられるかで一般市民への伝わり方に多いに影響があると指摘。で、約1時間30分の講演内容が、冒頭の見だしになって、翌朝の紙面を飾りました。滑らかで流暢な口調、つとめて分かり易い平易な言葉を選んでの講演後の質疑応答では、市議会との関係の基本姿勢を聞かれ「同じ市の代表として、議論の仕方はある。いずれにせよ、市民の方向へ向く姿勢を貫く。その積み重ねが少しずつ市民に届くはずです」。本番前の緊張感をただよわせた次期市長。具体的な施策披露は、あと1週間あまりとなった本番に。期待しております!

(広報CP・高橋英子)

|

2007年12月11日 (火)

ブランド力をもつ黒澤映画!~リメイクされた『椿三十郎』を観て

エッセイスト 武部好伸

 「久しぶりの日本映画。すごく面白かった!」

 「時代劇ははじめてやったけど、なかなかクール!」

 現在、公開されている織田裕二主演の時代劇映画『椿三十郎』を観た若者たちは、おおむね満足した様子でした。

01  江戸時代、とある藩のお家騒動をちょっぴりコミカルに描いた物語。エネルギッシュな殺陣、不気味な雰囲気を漂わせる豊川悦司ふんする切れ者、意気がるわりには稚拙な行動をとる9人の若侍たち、おっとりした能天気な母娘……など、映画のなかにはいろんな楽しさがいっぱい詰まっていますが、なによりも痛快無比なのはストーリーそのものです。

 それもそのはず、巨匠・黒澤明監督が1962年に撮った同名作品をリメイクしたものだから。しかも脚本(菊島隆三、小国英雄、黒澤)をそっくりそのまま使ったというのだから、面白くないわけがありません。

Photo  1950~60年代の黒澤映画はどれも思いっきりパワフルで、世界に通用する作品ばかりです。そんな絶対的な評価を得ている名作をあえてリメイクするなんて、森田芳光監督はよほど自信と勇気のあるお人だと思われますが、45年ぶりにカラーでよみがえった新『椿三十郎』によって、ひとりでも多くの人に日本映画、とりわけ時代劇映画の楽しさをわかってもらえれば、映画愛好家のぼくとしてはすごくうれしいです。

 この映画が話題になっていることを思うにつけ、黒澤映画はそれ自体がしっかりブランド化しているのだなぁと実感します。黒澤映画というだけで、だれもが納得し、安心して観られる。これはブランド以外の何物でもありません。ただ、安易に次から次へとリメイクするのだけはやめてほしい。ブランドの安売りになってしまうので……。リメイクは所詮、リメイク。オリジナルとは異質のもの。

 黒澤映画は永遠に不滅なり~♪

|

2007年12月 4日 (火)

horie-bon!

277_2 「horie bon!」という本が、本日発行されています。

発行元は「ミナミまちづくり委員会」。
70ページ・フルカラーで2千部発行され、無料で配布されています。
アートディレクションはpicto.incのヤマモトヒロユキ氏です。 

 堀江が他のミナミの街と違うのは、
 住む人が多くいること。街で暮らす人・
 働く人・遊ぶ人がバランス良く共存している。
 「Horie-bon!」はこの街の歴史から、
 こだわりを持つ店が集まる最新の街事情まで
 深く掘り下げて紹介する本です。

今回ヤマモト氏より依頼をいただき、巻頭の

“あみだ池からたどる堀江の歴史”を書かせていただきました。

 町の歴史を知ることは、見えなくなりつつある
 町の輪郭を浮かび上がらせ、町が持っているリズムを
 ポリフォニー(多声音楽)として聴く作業です。

歴史を学ぶことの意味を、改めて確認する
いい機会になりました。

*文章はこちらでもご覧いただけます。
http://www.osaka-brand.jp/kaleidoscope/topics/index.html

大阪ブランドセンター CP 山納

|

2007年11月 8日 (木)

大阪名物をデザインする

大阪市北区にあるクリエイティブ産業支援施設・メビック扇町では、「この街のクリエイター博覧会」の一環として、現在「大阪名物★広辞苑」という企画展を開催しています。

The exhibition "Osaka Meibutsu (Specialties) ★ Kojien" has been held in Mebic Ogimachi, the creative industry support center in the Kita-ku Osaka City as part of "Creator exposition of this town".

http://www.mebic.com/expo/606.html

2045年の大阪というイメージで、扇町界隈のクリエイター達が作り出した仮想現実の大阪名物を展示したものです。中には空想のプレゼンテーションだけでなく、今回の展覧会に合わせて開発されたコミュニケーションロボットの試作機や、ボードゲーム「モノポリー」の大阪版など、ここから商品化に進みそうな大阪名物も展示されており、メビックを軸にしたクリエイターのコラボレーションが形になりつつある様子を体験できます。

In this exhibition, creators around Ogimachi area exhibited the Osaka specialties in the virtual reality that had been produced for the image of Osaka 2045. Among them, we could see not only the presentation of imagination but also such products as the prototype of communication robot developed according to this exhibition and the Osaka version "Monopoly" (board game) which would advance to commercialization from here. And you could experience the collaboration of the creator has been shaped around Mebic Ogimachi.

Osakameibutsu1 Osakameibutsu3

また大阪市中央区にある大阪産業創造館の2Fでは、「大阪発 のれんグラフィック展」と題し、大阪で生まれ育った創業100年以上の「食」にかかわる老舗企業のパッケージや印刷物を展示しています。

And Osaka industrial creation center in Chuo-ku Osaka City is now holding "Noren (shop curtain) graphic exhibition from Osaka" and displays the package and the printings of the long-established companies which has the history of more than 100 years and has born and grown up in Osaka and related to "Food".

http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=07982

出展企業は日本料理・西洋料理の料亭や昆布・緑茶・水産練製品などの食品メーカーで、大阪商人の歴史と伝統と守りつつ時代の変化に適応し、高い信頼と満足を提供している企業です。伝統と革新をともに体現した企業のブランド価値を、グラフィックデザインとしてどう表現していくか、これら老舗が取り組んでいるテーマがこの展示から浮かび上がってきます。

The companies are the restaurant of Japanese and the Western food, the food manufacturers of and seaweed, green tea, and fishery product. They remain their history and tradition as Osaka merchant, adjust to the changes of the times, and offer high trust and the satisfaction. You will find out the theme which these companies are working that how they should express of the brand value of the company that both embodies the tradition and the reformation as a graphic design.

Osakanoren5 Osakanoren1

「大阪名物★広辞苑」2007年10月30日(火)~11月9日(金) @メビック扇町
“Osaka Meibutsu (Specialties) ★ Kojien” Oct.30th-Nov.9th 2007 @ Mebic Ogimachi

「『味』ブランドを魅せる 大阪発 のれんグラフィック展」
  2007年11月1日(木)~2008年1月31日(木) @大阪産業創造館2F中小企業プラザ内
“The charm of Food Brand -Noren graphic exhibition from Osaka-”
  Nov.1st 2007-Jan.31th 2008 @ Osaka industrial creation center

大阪ブランドセンター CP 山納

|

2007年11月 7日 (水)

梅田北ヤードは50年、100年先の大阪を見据えた街づくり

 関西経済連合会の下妻博会長(70、住友金属工業会長)は、6日、関西プレスクラブの11月定例会で、「私と関西」について講演した。

20071106北区のホテルグランヴィアにて

 「歴史的にも文化的にもなんと奥が深いことか、関西は。競技をする若者たちにとっては、夢の聖地である花園があり、甲子園がある。住人がもっと誇りをもってみんなで盛り上げようという気概がほしい。大阪には地に足の着いた愛着の持てる文化がある。中央から収奪されてきた歴史があるから、儲かっていても決して本音はいわない。ぼちぼちでんな、と。関西気質は多少M型の人が多いのかもしれません(笑)」と住友金属工業での一営業マンから経営サイドとして手腕を振るうまで、ご自身の思い出をふりかえりながら、「2001年に街開きする梅田・北ヤードの再開発、は先行開発地区を除く残りの17haは、50年、100年先の大阪のあるべき姿を見据えて絵をかいてゆかねばなりません。NYのセントラルパークのような緑地にできないかなど構想中です。アジア太平洋研究所はキタにロシアも含む外国人研究者が頻繁に交流できるセンターがあると認知していただけるようと、こちらも絵を描いてゆきたい」。

 元気がないといわれ続けている関西に「私は、常々、関西はうまくいってるなあ、といい続けてきた。関西文化学研都市や彩都、神戸・医療産業都市などの集積をみても、この調子でうまく発展してゆきたい」とビジョンを述べたうえで「社長業は命をかけてという気概がなくてはつとまらない。リーダーたるものは、雄としての輝きが必要だ」と企業戦士として勤め上げてきた気骨が講演のトーンを貫いていました。

広報CP・高橋英子

|

2007年11月 6日 (火)

学園祭で想ったこと

エッセイスト 武部好伸

 この時期、大学では学園祭が花盛り。高校や中学では文化祭と呼ばれていますが、規模と華やかさからして、学園祭は深まりゆく秋の歳時記と言ってもいいでしょう。

Photo  いろんな模擬店が立ち並び、教室はサークルの展示会や発表会の場となり、屋外ステージではロック、ジャズの演奏や各種パフォーマンスが行われ、ホールではアイドル歌手のコンサートや著名人の講演会……。そこに他大学の学生や父兄、近所の人たちもどっと集まり、キャンパスはふだんとはまったく異なった顔を見せてくれます。

 学園祭は文字通り、大学のお祭り、フェスティバルです。でも、天神祭や祇園祭などの伝統的なお祭りとはひと味ちがった雰囲気が漂っています。昨今、学園祭はたしかにマスプロ化し、一部、金儲けを目的にした企画もありますが、基本的には若者たちが少ない予算でなんとか工面し、手作りで生み出すものです。そんな青臭いところにぼくは魅力を感じます。そして自分たちだけではなく、キャンパスに来た人たちにも楽しんでもらいたいという想いがこもっておれば、その学園祭は大成功だと思います。

Photo_2  先日、某大学の学園祭を訪れ、ぼくは信じられないくらい生き生きとした学生たちの姿を眼にしました。具体的に言うと、野外ステージでよさこい踊りをエネルギッシュに披露していた学生たちです。初めは好き勝手に踊っているにすぎないと感じたのですが、途中から観客をどんどん踊りの輪に加えていき、最後には踊り手と参加者とのあいだに独特な一体感が生まれました。気がつくと、ぼく自身も秋の日差しを浴びながら、わけもわからず踊っていました。翌日(翌々日?)に筋肉痛に見舞われることなど考えずに……。きっと彼らの〈オーラ〉に惹きつけられたのでしょう。

 いまの若者は覇気がないと言われていますが、なかなかどうして、やるときは精一杯やるんですよ。そんな必死な彼らを見て、ふと思いました。「ブランド化してるやん」って。明らかにごく普通の学生とはちがって、彼らは特化していたからです。非常に活きのいいさわやかな学生たち。素直にそう思えました。

 学園祭が非日常的な場であるがゆえ、そう見えたのかもしれません。あるいは、好きなことに没頭しているからかもしれません。しかし、何事もブランド化するには、かなりのエネルギーが必要だということだけはよくわかりました。

|

2007年10月30日 (火)

百貨店は大阪ブランド!~2011年、成熟社会における百貨店の成長戦略やいかに

お歳暮時シーズンがそろそろ前倒しでやってきました。贈る側にすれば、どの百貨店から贈ろうか?思案のしどころ、こんなとき、デパートがたくさんある市内に住んでいてよかったわぁとつくづく思います。百貨店ブランドは、何を目安に?老舗の信頼、品揃えの豊富さ、トレンド商品の押さえ、店員さんのサービス、、。

20071029_kpc 関西プレスクラブ10月定例会(29日、ヒルトンホテル)で、Jフロントリテイリング社長兼CEO(大丸会長)奥田 務氏が講演され「成熟社会における百貨店の成長戦略について興味深いエピソードやビジョンを披露されました。

百貨店業界では、「2011年大阪問題」を数年後に控え、生き残り競争が過激な時期をむかえています。梅田阪急が日本最大規模といわれる84000㎡(現行の1.4倍規模)に増床、三越がJR北ヤード進出(50000㎡)、そして、大丸は1,6倍規模の64000㎡の増床計画を進行中。これで2011年には大阪市内の百貨店面積は1、5倍。梅田近辺を徘徊する主婦としては、嬉しい限り。

業界トップクラスの利益率を誇る大丸。その大丸と松坂屋が統合して発足したJフロントリテイリング責任者として、成長するための条件は「新規出店・増床によって拡大をはかる利益を伴う成長」を力説、「百貨店は成熟社会である大都市を中心に支持される。アンケート結果では、信頼・伝統というイメージが圧倒的に高く、ファッション性や今日的という評価は低かった。半歩先行く流行を提案する品揃えが必要です。今回の改革に、自分自身満足しているわけではなく、自己採点ではまだ60㌫の成功でしょうか」

経営改革は、社員の意識改革につながりひいては企業風土を育ててゆく、長いスパンで企業をそだててゆく責任者としてのお話、百貨店業界だけの話ではなく、経営改革の根幹を突くご指摘でした。

広報チーフプロデューサ 高橋英子

|

2007年10月26日 (金)

The treasure of Osaka part 2, 大阪の宝その2・・・・私見ですが

Thank you very much for visiting our blog!   For English, please scroll down for the new article about the treasure of Osaka!

大変長らくお待たせいたしました。世界陸上などで随分と間が空いてしまいました。いやぁ、天神祭の後にあんな大きなお祭りが待っていたとは思いもよりませんでした(笑)

さて、今回の大阪のお宝でございますが、皆様は「観光タクシー」をご存じでしょうか?  恥ずかしながらこの仕事に就くまで私はこれを存じ上げませんでした。まぁ、読んで字の如くと言ってしまえばそのままなのですが・・・・

ここで皆様のお声が聞こえてくるような気が致します。「USJと道頓堀以外に大阪の何処に観光するところがあるんだ?」

はい、謙虚な上方人と致しましては他府県の皆様の御期待の通りにお答えするならば矢張り坂田三吉縁の通天閣を戴く新世界となりましょうが、今少しお考え戴きますとお分かり戴けると思いますが、大阪が近世に於いて大阪城を中心に発展して参りました事から考えて見ると大阪市全体が大坂冬の陣、夏の陣の古戦場でございますし、それ以外にも様々なものがございます。詳しい御案内は次の機会とさせて頂きまして今回は敢えてこの観光タクシーに就いてお話をさせていただきます。

この仕事に従事しておりますが故に少しばかりは大阪の観光に就いては存じ上げている積りでございました。しかしながら悲しいかな自らが「井の中の蛙」であることを思い知らされたのは観光タクシーの試乗である運転手さんにお世話になった時でした。  この方に実は私自身を含め、他の2人のコンシェルジュもお世話になり、先に試乗から帰って来た2人が2人とも目をキラキラ輝かせながら「吉村さんっ!大阪って本当に色々見るところがあるんですねっ!」と云うではありませんか!  「そりゃ当然だよ!」などと思いながらも同時に「しかし、普段落ち着いている2人が子供の様にここまで目を輝かせるとは一体どんな御案内だったのだろう・・?」  特に私の試乗が入っていなかったので謎は深まるばかりでございました・・・・

そんなある日、外国の方を対象にした試乗の機会があり、そこでお目に掛かったのが以前、2人がお世話になった安田稔さんでした。  ご自身は英語をお話しにならないので間に通訳を挟んだ実験的な試乗でした。  実は迂闊にも自己紹介戴いた際はすっかり安田さんの事は失念しておりましたが、搭乗して御説明を戴いた時に初めてこの方こそ2人が目をキラキラさせて話してくれた方であった事に気づきました。  

人様に「何か」を「お伝えする」仕事をしておりますと説明する事の難しさに日々直面します。  そこには情報・知識だけでは無く、言葉の選択、表現方法等色々な要素が含まれます。  安田さんの場合はその豊かな知識と長年培われた経験を駆使されて「如何にすればお客様に楽しんで頂けるか」に心を砕いていらっしゃるので全てに於いて卒がありません。  普段見慣れた大阪市内の街が輝いて見えて参ります・・・・・・普段なら意識しない様なところが全く別のものに・・・モノクロの写真にしか見えなかったのが総天然色に!  説明を伺いながら自分の胸が高鳴り、楽しさに頬が緩んで来るのが判ります。  そうか!これがあの2人を興奮させた御案内なんだ!  大阪にお越し下さる方は勿論の事、大阪にお住まいの方にも是非一度御体験戴きたい安田さんの観光タクシーですが残念な事に今はお休みをされていらっしゃると伺いました。  少しでも早く現場に復帰して頂く事を願っております。  因みに「通訳を同乗させる」と言う実験的な試みは現実的にはかなり難しい事が判明し実現化はされていない様です(笑)

大阪にもそれ自体を観光の目的にして頂けるものが沢山あります。  それを国内外からのお客様に御紹介するのが私達の仕事の一部であり、それを力強くサポートして下さるのがタクシーの運転手さん達です。  その中には安田さんの様な方が何人いらっしゃるのでしょうか・・・・・・

リーガロイヤルホテル コンシェルジュ 吉村直行 Photo_3

Thank you very much for waiting!  Due to the IAAF World Championships in Athletics,  there was long absense.  I never expected such big festival right after Tenjin Festival.

Today's Treasure of Osaka is Taxi.  You may think that's the same everywhere but in Japan, in the area touristic such as Kyoto, Nara and Kobe, there are taxi called "Kankoh Taxi = Touristic Taxi", with full of knowledge, they specialized in guiding the area.   I had no cleu at all.  It is literary Taxi for sightseeing. 

I feel like hearing you saying "What's good about Osaka, without Universal Studios and Dotombori?"

Yes, as a humble Kamigatan (Osaka has been called as Kamigata in early modern days) trying not to betray your expectation, I would say Shinsekai (New World) with its monumental symbole, our Eiffel Tower of Osaka, Tsutenkaku Tower, with the memory of legendary Japanese Chess player, Sankichi SAKATA.  But, if you look carefully in the history book of Japan,  in early modern days, Osaka has been developed as Osaka Castle in its center and this could lead you to the idea that the whole city of Osaka is the historic battleground for both Battle of Osaka in Winter and Summer and more!!  For the details, I will save it till the next time and today, I would like to talk about my experience of Mr. Minoru YASUDA, a touristic taxi driver.

As a concierge of a hotel in Osaka, I was little bit confident about the tourism in Osaka.  However, later, I had to face my ignorant myself when I met this driver of Touristic Taxi.  As concierge, sometimes we have a privilege of having some trial for the tours and other 2 concierges had experienced this “Art of guiding in Osaka” and both came back with twinkles in their eyes and said “Yoshimura-san, we have truly a lot of things to see in Osaka!”  Automatically, “off course we have!” my internal voice replies but at the same time, I wondered “how could he make these two with calm maturity like children with twinkles in their eyes just like elementary school children found grasshopper in the field?”  I had no schedule of the trial so I kept wondering……

One day, there was a trial for the touristic taxi for foreign guest, and there he was, Mr. Minoru YASUDA.  It was pity that I had no clue when they introduced me.  For he does not speaking English, there were interpreter.  It was so experimental.  But as the tour went on, I realized this was Mr. YASUDA who made twinkles in their eyes!!

Working as a concierge who let people know something, I face the difficulties everyday.  There are not only the knowledge nor the information but the choice of the words, expression and lots of other factors to deal with.  In case of Mr. YASUDA, with his fruitful knowledge and decades long experience, he concentrates in how he can make guests happy.  As he guides, ordinary familiar Osaka started to shine…….the places which I even didn’t care seems to be something different…….monotonous black and white photo became fully colored!  I can eve feel my own heart beat and my cheeks relax for the joy of discovery.  Yes!  This is the way he guided when two were excited!  Of course for those coming to Osaka but also for those who lives in Osaka, I recommend Mr. YASUDA’s Touristic Taxi but unfortunately Mr. YASUDA is not on duty for a while.  I pray for his earlier come back!

By the way, as a result, this experimental trial with interpreter did not meet the level of satisfaction so they had to find another way to guide our precious foreign guests…  I know a couple of them who does the guides so they became more precious!

Osaka has a lot of things which can be the purpose of visit.  It is our part of responsibility as concierges to introduce them to our international and domestic guests.  And it is our beloved taxi drivers who support us so strong.  Wondering how many Mr. YASUDA to be found among them all…………….Photo_2

Naoyuki YOSHIMURA Chef Concierge, RIHGA ROYAL HOTEL

| | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

映画祭を生かそう~!

エッセイスト 武部好伸

Img_0110 毎年、秋の足音を聞くと、映画祭のシーズンがやって来たなぁと実感します。なるほど、映画は年中観られるけれど、なぜか秋の映画は印象深く、映画祭というちょっぴり華やいだ、それでいてノスタルジックなムードを漂わせる名称が、秋のたたずまいによく合いそうな気がしています。

 世界三大映画祭のカンヌ国際映画祭(フランス)は5月、ヴェネツィア国際映画祭(イタリア)は8月下旬~9月上旬、ベルリン国際映画祭(ドイツ)は2月にそれぞれ開催されており、秋ではありませんが、日本では芸術の秋にちなんで、今年で20回を迎える東京国際映画祭(10月20日~28日)をはじめ、第10回山形国際ドキュメンタリー映画祭(10月4日~11日)、第12回神戸100年映画祭(10月25日~11月11日)など、大なり小なり各地でいろんな映画祭が催されます。

 わが大阪はというと……。第3回大阪アジアン映画祭2007(11月2日~7日、心斎橋・そごう劇場)と第14回大阪ヨーロッパ映画祭(11月23日~25日、中之島・リサイタルホール)が控えています。ハリウッド映画のような派手さはないけれど、アジアとヨーロッパの現状を浮き彫りにした作品が多く、未公開映画の上映も楽しみです。両映画祭の詳細については、これからメディアを通じて告知されると思いますが、とにかく映画ファンのみならず、1人でも多くの人が会場に駆けつけ、映画祭を盛り上げてほしいとぼくは切に願っています。

Img_0113 というのは、映画祭はブランドになりうると思えるからです。前にも述べた〈映画力〉のなかの大きな要素といえます。町(村)おこし、町の活性化、経済的効果、知名度のアップ、文化的貢献……。開催の理由はさまざまですが、トータルで見ると、まちがいなく強力なブランドになります。カンヌと言えば、「あぁ、大きな映画祭がおこなわれているところ」とだれしも思うでしょう。カンヌ=映画祭と知らぬ間に頭にインプットされており、そうなった時点でカンヌは立派なブランドなのです。

 一朝一夕で映画祭をブランド化するのは無理。当たり前のことですが、「継続は力なり」の言葉を信じ、毎年、地道に開催していくしか手はないと思います。よその真似はダメ。やはりオリジナリティーがないと! 大阪で開かれる他の映画祭もふくめ、「大阪にはひと味ちがった、おもろい映画祭がぎょうさんありまっせ」と胸を張れる日がくるのを楽しみにしています。

|

2007年10月 9日 (火)

ユーレイはやめられない

落語家 林家竹丸

 9月も残暑が厳しかったですね。大阪市で真夏日にならなかったのは4日間だけだったそうです。暑い季節に舞台でよくかかるのが、幽霊が登場する落語です。

 落語は笑う噺ばかりとお思いかもしれませんが、コワ~イのもあります。東京落語の「怪談牡丹燈籠」「真景累ヶ淵」などがそうです。上方落語の場合は、怪談かな?と思わせておいて、最後に笑いになるパターンが多いんです。お菊さんが「いちまい、にまい・・・・・・」と皿を数える「皿屋敷」がその代表格でしょう。ただ、大阪でも夏場の趣向としてマジの怪談をやることがあります。

070803_2104  この夏、私の師匠、林家染丸が天満天神繁昌亭で演じたのが怪談「お紺殺し」。幽霊が出る場面になると照明を落とし、幽霊に扮した弟子たちが客席を回ってお客さんをおどかします。怪談独特の演出です。女性客が「きゃ~」「いや~ん」と騒いでくれれば大成功、ちゅうわけです。不肖私も幽霊役に大はりきり。楽屋で先輩に白塗りの化粧をしてもらい、白装束に身を包みます。幽霊のお面がくっついた、ざんばら髪のかつらをかぶれば出来上がりです。どうです、恐ろしいでしょ。(写真)

 本番では、私は舞台に上がり、落語を演じる師匠の横に現れることになりました。客席係からの大抜擢ですな。ヒュ~ドロドロというおなじみのお囃子とともに幽霊たちが出動、私が舞台に出ると客席から「こわ~」という声が。いやぁ、ユーレイ冥利につきます。「迷わず成仏いたせ」「ならぬならぬ、ともに奈落へ連れゆかん」と続く師匠のせりふの間、心かけていたのはただ一つ。舞台でコケないこと! 幽霊が足をすべらせようものなら、爆笑噺になってしまいますからね。

 すっかりハマった私、舞台がすんでからも白塗りのままはしゃいでいると、師匠が「幽霊、はよ顔洗え!」。一同、大笑いのうちに楽屋をあとにしたのでした。

|

2007年10月 2日 (火)

クリエイティブインダストリーショーケースin関西 開催中!

 9月29日~10月6日の8日間にわたって、関西一円で繰り広げられるクリエイティブ・インダストリー・ショーケースin関西(以下、CrIS関西)。
 そのオープニング・セレモニーが、9月29日、京都の東映太秦映画村で行われました。CrIS関西は、「アジア」と「創造産業」をテーマとし、JAPAN国際コンテンツフェスティバル(東京)のパートナーイベントとして開催されるもので、コンテンツ制作企業や人材育成・教育機関の集積、関西の誇る歴史文化資産と最先端技術など、関西の高いポテンシャルを世界にアピールする一大イベントです。
 下妻博CrIS実行委員長の挨拶で幕を開けたオープニングは、新作映画『宮城野』の製作発表、迫力の和太鼓パフォーマンス、関西のフィルムコミッション関係者によるプレゼンテーションなど、盛りだくさんな内容。
 まもなくクランクインする『宮城野』製作発表会では、山崎達璽監督、主演女優の毬谷友子さんから、3年がかりの企画にかける意気込みが語られました。宝塚歌劇出身の毬谷さんからは、「青春の7年間を関西で過ごしました。関西は第二のふるさとです!」の言葉も。主演男優の片岡愛之助さんからは、生まれ育った大阪への思い、映画への思いを語ったビデオレターが届きました。
20070929  また、女性3人の和太鼓ユニット「炎太鼓」のパフォーマンスでは、全身を使った迫力満点のステージに、拍手喝采と驚嘆の声。
 関西の未来を担うクリエイティブ産業のアピールにふさわしい、エネルギーあふれる華やかさを添えていました。
 CrIS関西では、期間中、京都、大阪、神戸、和歌山の各地において、多彩なイベントが開催されます。プログラムなど詳細は、下記ホームぺージにて。
http://cris-kansai.jp/j/contents_j.html

|

2007年9月28日 (金)

大学運営に民活を!改革にスピードを!

大学運営に民活を!改革にスピードを!
~大学改革の現状と課題 「大学は変えられる」シンポから

20070925_001  “大学改革の鬼”と異名をもって称えられる立命館大学前理事長で相談役の川本八郎氏、豪腕理事長として日本一の大学教育後援会を育てあげた関西大学森本靖一郎氏、そして新日鉄から筑波大改革の「切り札」として大学経営に参画された吉武博通氏の鼎談「21世紀の大学を語るⅡ」~大学は変えられる~シンポジウム(関西プレスクラブ主催)が、26日北区の大阪府国際会議場で開催され、約2時間30分にわたる意見交換が繰り広げられた。

 「尊敬する両巨頭を前に露払いの役割をさせていただきます」と吉武氏は、新日鉄で14年間総務・組織グループリーダーなどとして経営・組織改革の企画立案を担当、約1000億円の赤字解消に尽力した手腕を買われ、2003年から筑波大改革に乗り出し、民間の戦略・組織論を踏まえた大学経営の実践を「大学改革の現状と課題~質の高い社会・文化の形成に資する大学を目指して」とまとめ課題を提議。

 森本学長は事務職員出身者として初めて理事長に就任。「国立大学と私立大学の理事長では経営責任の重さは比較にならない。現在全国にある87国立大学には1兆2千億円の運営交付金がついています。これに比べて私立大学は全国に580、運営交付金は3200億円なのです」と経営は理論や理屈でなく現実そのものであると現状説明。

 川本相談役は、大学事務職員の力量が大学の命運を左右するが持論。大学の地域貢献は世界に向けて照準をあわすべきであると、4月に映像学部を新設したいきさつや87カ国の民族が集まる立命館アジア太平洋大学の開学理由なども披露し「私学間の力量を高める競争と連体を高めるシステム作りが必要だ」と提言。吉武氏は「地方の国立大学を巡って感じることは、いま大学の中で起こっている論点は、大学での教養教育をどうするべきかという議論です。教育のメンタリテイは、大学別、学問分野別、大都市圏にあるか地方にあるかでも変わってくるが、大学改革にマネジメントが強く求められている。改革のスピードも大事」と指摘した。関西プレスクラブでのシンポジウムということで、とりわけ大学側は自らをどのように報道されることを望んでいるのか?日頃の報道に対する不満や要望も含めて、何を広報し、PRしてゆきたいのか、本音の部分のやり取り(笑)が特に興味深い内容だった。

(広報チーフプロデューサー・高橋英子)

|

2007年9月 7日 (金)

The art of being Osaka

The summer heat is showing signs of diminishing and it’s time to think of getting out from the air conditioned cell I have been locked in for the last six weeks.

With the more sensible weather comes the chance to get back to one of my favourite activities: exploring Osaka on foot.

The best way of discovering any city is through walking, purposefully or at random. Now I have a new purpose for my rambles: I have been reminded lately how much art there is in public spaces in Osaka.

For many years, Osaka has been regarded as a commercial and hedonistic city, with little regard for the arts, apart from its strong relationship with performance — kabuki, bunraku, the Takarazuka Theatre, Yoshimoto and so on. Very quietly but steadily, Osaka is embracing the visual arts, and, better, they are very accessible.

Well known are the statues that line Midosuji from Yodoyabashi as far south as Nagahori-dori.

Less well known is the fact that these works were created by some of the most famous names in sculpture: Henry Moore, August Rodin, Emilio Greco, Shinya Nakamura among others. This is no mere municipal display: this is an outdoor art gallery.

Roy_l_osaka On Nagahori-dori itself there is a giant Roy Lichtenstein that I really must see for myself. Nearby Amemura is full of urban graffiti art decorating shop fronts (presumably by invitation of the owners).

Each of the main districts of central Osaka has its public art, influenced by the local character and ethnic mix, which provides the wanderer with many tour options.

Of course, whatever routes you take through town to appreciate the unremarked gems of public art, you can wrap up the experience with a visit to the impressive National Museum of Art in Nakanoshima.

Osaka is like one giant art museum, open 24-7, and has the advantage that while hoofing it between exhibits, there’s the rest of the city to take in too.

(Text and Photo by Chris Page, Kansai Scene editor)

|

2007年9月 6日 (木)

「ケルト」の発想を大阪に~!

エッセイスト 武部好伸

この夏、執筆テーマのひとつ、「ケルト文化」を探るため、アイルランドを旅してきました。7年ぶり4度目のアイルランド。「ケルティック・タイガー」と呼ばれる高度経済成長に少し翳りが出てきたとはいえ、まだまだ活況を呈しており、首都のダブリンではあちこちでクレーンが天空に伸びていました。かつての日本のような建設ラッシュ! 薄汚かった裏通りもめっきり美しくなり、裕福になったせいか、肥満の人が増えていました! そしてアイルランド語(ケルト語の一種、ゲール語)の表記が目に付きました。

アイルランドは、12世紀からお隣のイングランド(のちに大英帝国)の植民地になり、完全に独立したのは1949年です。元来、ケルト系の人たちがケルトの文化と暮らしを享受してきましたが、800年にもおよぶ異民族支配によって外国文化に覆われ、気がつけば、母国語のアイルランド語にとって代わり、英語が日常語として使われていました。憲法上の公用語はアイルランド語で、英語が第2公用語になっています。現実はしかし、西部の一地域をのぞくと、英語オンリーです。

Photo 固有文化の消滅! そんな危機感から、2年前、アイルランド語を日常的に話す地域(ゲールタハトと呼ばれています)では、アイルランド語の表記だけを掲げ、それ以外のところでもアイルランド語と英語を併記するようになりました。さらに今年からEU(欧州連合)内では、アイルランド語が公式言語であると認められました。言語こそ、文化の象徴だと言わんばかりです。

Photo_2 アイルランド語を使うということは、言わばケルト人であるという証しです。今日のアイルランド人が、果たしてDNA的に古代のケルト人の末裔かどうかは大いに疑問の余地がありますが、国家として「ケルト」(Celt)を前面に打ち出しており、それがアイルランドのブランドになっています。Celtic lodge、Celtic company、Celtic victor、Celtic cab……。町を歩くと、社名や船名などやたら「Celtic」の文字が眼に入ってきます。

文化に裏打ちされたブランド。それは万人を納得させます。わが大阪にも、言語的には「大阪弁」という立派な方言があります。これを生かさない手はないのでは!? アイルランドの田舎でふとそんな思いが胸をよぎりました。

|

2007年8月 6日 (月)

なにわ懇談会 in Tokyo

 去る7月30日(月)、東京都千代田区の都市センターホテルにて、なにわ懇談会(以下、なにわ懇)が開催されました。
 なぜ東京で“なにわ懇”なのか?それは、なにわの日(=7月28日=728=なにわ)に因んでいます。首都圏で活躍する大阪出身者や企業関係者に、大阪の活力と最新情報をアピールしようと、大阪府知事らの提唱により始まりました。毎年7月28日にイベントが開催されており、今年で4回目になります。(今年は7月28日が土曜に当たるため、7月30日開催。)

20070730_007  2007年夏の話題は、なんと言っても世界陸上大阪大会。第1部は、スポーツジャーナリスト・増田明美さんのトークで始まり、今大会の見どころ、そして大阪でのご自身のエピソードなどが語られました。
 増田さんは千葉県出身ですが、マラソンランナーとして大阪を何度か走った経験から、大阪の街が大好きだといいます。特に大阪の観客の声援は、他の地域では聞くことのできない、個性的で熱のこもった声援が多く、現役として走ったいずれの大会でも、心にズシンと響く忘れられないエピソードがあるとのことでした。
 増田さんの講演の後は、大阪21世紀協会から、大阪城新橋ライトアップ点灯式(7/27)の映像紹介と、水都大阪2009イベントに向けた計画概要が発表されました。
*新橋ライトアップの詳細は大阪21世紀協会のWebサイトから

20070730_011  第2部の懇親会では、関西空港の第二滑走路オープンのPRがあり、世界陸上関係者やなにわ懇談会世話人による挨拶、そして歌手・八代亜紀さんの新曲披露など盛りだくさんな内容。九州出身の八代亜紀さんは、「もうずっと前から大阪が大好きです!」とアピール、通天閣を舞台にした新作「立ち呑み『小春』」を熱唱、作詞者のもず唱平さんとともに大阪へのエールを送っていました。そして、最後は恒例の大阪じめで盛り上がり、東京にあって、なにわなにわなにわ!の2時間半でした。

|

2007年8月 3日 (金)

天神祭を盛り上げろ!

落語家 林家竹丸

 天神祭の船渡御があった7月25日は、落語家にとっても特別な日です。船上の余興にお呼びがかかることが多く、ちょっとした書き入れどきなのです。特に今年は、上方落語の本拠地である天満天神繁昌亭が大阪天満宮の敷地にできて初めての天神祭。これまでよりもっと深く祭にとけこめそうな期待がふくらみます。

 この日の繁昌亭は、午前の公演を追加して朝、昼、夜の3公演に。天神祭は年1回、本殿からお出ましになって氏地を巡行する菅原道真公のご神霊を、庶民がお迎えする祭です。道真公、そばの繁昌亭を見て「ええもん、こしらえたのぉ」と大阪弁で感心のご様子……だったかは知りませんが、天満宮界隈のにぎわいをきっと喜んではったことでしょう。

Imgp3209  夕方、いよいよ船渡御です。私は落語家仲間らとともに新聞社の奉拝船にゆかた姿で乗り込んで寄席囃子などを披露し、100人あまりのお客さんに楽しんでいただきました。出航したら、すれ違う船と「大阪締め」を交わし、ムードを盛り上げるのもわれわれの役目。「落語船」ともすれ違いました。故・六代目笑福亭松鶴師匠の肝いりで25年ほど前に始まった船で、師匠方をはじめ先輩が大勢乗っています。こちらには最敬礼! 船渡御で行き交う約100隻の船に、落語家は何人乗ってるやろ。数十人、いや、もっとかな。

 ご神霊を乗せた御鳳輦(ごほうれん)船が近づくと、歌舞音曲やかけ声をぴたりと止めて静かにお迎えするのが船渡御のルールです。ギャルみこし、豪華な奉納花火など一見何でもありに思える祭の喧噪が、一瞬にして静寂に変わる瞬間は、えも言われず神秘的です。「皆さん、御鳳輦船ですよ~」。さっきまで余興で騒いでいた私も、声をひそめていたのでした。

 正直な話、野外の余興はお客さんの気をひきつけ続けるのがシンドイのですが、終わってみると疲れが心地よく、また船に乗りたいなぁと思うのです。来年に向けた戦いはすでに始まっています(高校球児か!)。

|

2007年8月 1日 (水)

法善寺のお福さん

エッセイスト 武部好伸

 大阪の街中でぼくが一番ホッとする場所、そこがミナミの法善寺横丁です。2度にわたる火災で壊滅的な被害をこうむりましたが、それを見事に克服し、完全復興を遂げたいま、観光スポットとして内外から多くの人が訪れています。

Photo_154  その法善寺横丁にかつて主がいました。「お福さん」という愛称で親しまれていた、古びた大柄のおたやん(お多福人形のことを大阪ではこう呼びます)。明治16年(1883年)に開業した初代のぜんざい屋「めをとぜんざい」の飾り窓に鎮座していたもので、空襲がはげしさを増した戦時中の一時期、郊外へ“疎開”していましたが、昭和38年まで法善寺の住人でした。

 大阪の文人、オダサクこと織田作之助が「大阪のユーモアの象徴でもあろう」(昭和15年のエッセイ『大阪発見』より)と記していますように、そのおたやんは大阪人にすごく愛されており、まさに大阪ブランドでした。ぼく自身、小学校3年生のころ、父親に法善寺横丁へ連れて行ってもらったとき、「お福さん」を見たことをはっきり覚えています。

 彼女はいま、故郷の法善寺からはるか離れた、北アルプスの峰々が遠望できる富山県下新川郡朝日町の百河豚(いっぷく)美術館で安穏に老後を送っています。数年前、ぼくはそこで37年ぶりに「お福さん」と再会を果たしました。ふくよかな笑顔は健在で、はじめて見たときよりずっと若返っているように思えました。なんでも室町時代の作で、骨董的に随分と価値があるとか。

Photo_155  大阪は路地裏の文化です。その象徴ともいえる場所が法善寺横丁だとぼくは思っています。だから横丁自体が大阪ブランドと言ってもいいでしょう。今日、水掛不動さん(西向不動明王)がシンボルになっていますが、法善寺を訪れるたびに、「『お福さん』も一緒やったらええのになぁ」とぼくはいつも思ってしまいます。カムバック、お福さ~ん! いつの日か法善寺でお眼にかかりましょう。

|

2007年7月 9日 (月)

〈映画力〉を大阪ブランドに!

エッセイスト 武部好伸

 映画都市、OSAKA--。こんなキャッチフレーズをかかげたら、みなさん、驚くかもしれませんね。「なんで、大阪と映画が関係あるねん」と。

 じつはめちゃめちゃ関係があるんです。フランスで映画(シネマトグラフ)が誕生してから2年後の明治30年(1897年)、日本で最初にお金をとって映画を市民に見せた場所が、なにを隠そう、大阪でした。その映画興行発祥地が、今日、難波の高島屋前に建つTOHOシネマズなんば(旧南街会館)のあるところです。1階のエレベーター乗り場の横に、その旨を記した碑文がはめこまれてあります。映画を観にいったとき、ぜひご覧ください。

Photo_151  さらに、活動弁士(映画解説者)の第1号が大阪人で、映画文献(『自動写真術』という映画の解説書)も大阪の地からはじめて刊行されました。大正中期から昭和初期にかけて、「東洋のハリウッド」と呼ばれた日本最大規模の帝国キネマ長瀬撮影所が建造されたりして、大阪も映画製作の拠点でした。そしていまから7年前には、ロケの誘致などを図るフィルム・コミッション(大阪ロケーション・サービス協議会という組織)が全国に先駆け、大阪で産声を上げました。

 このように大阪は映画とひじょうに深くかかわってきたのです。もし、〈動く写真〉をはじめて観た大阪人が「こんなもん、おもろないわ」と首を横に振っていたら、日本の映画史はちがった方向へ進んでいったかもしれません。

Photo_152  大阪には通天閣、大阪城、道頓堀、住吉大社といった映像的に存在感のある、全国に通用する名所が結構多くあります。ひと昔前の路地(ろぉじ)や長屋、レトロ調の商店街も少なくありません。それになんといっても、人間が絶対におもしろい! みな目立ちたがり屋だから、それこそエキストラをやりたい人はごまんといるでしょう。

 総合的に考えると、大阪ほど映画撮影の地にふさわしい都市はないと思えるのです。この〈映画力〉を大阪ブランドのひとつに採り入れれば、ほんとうに映画都市として注目されるかもしれません。

 〈映画力〉……。この魅力的なパワーが大阪には十分、宿っているとぼくは信じています。

|

2007年7月 5日 (木)

包括的な視点から環境保全を―コスモス国際賞

 1990年に大阪で「国際花と緑の博覧会」(通称、花博)が開催されたことをご記憶の方は多いでしょう。その会場は現在、花博記念公園(鶴見緑地)として親しまれていますが、もう一つ、その理念を継承して行われている「コスモス国際賞」のことはご存知でしょうか?

 花博の基本理念であった「自然と人間との共生」に寄与する研究活動・業績に対する国際的な顕彰事業で、1993年から続けられ今年で15回目を迎えます。その受賞者が6月11日に発表されました。

Mace_001_resized  2007年の受賞者は、ロンドン大学教授のジョージナ・メイス博士。絶滅危惧種を特定する科学的基準の立案、「レッドリスト」の作成など、環境保全のための全地球的な取り組みや、生態学や遺伝学から政策まで視野に入れた包括的な取り組みが評価されたものです。授賞式は、来る10月4日にいずみホール(大阪市中央区)で行われます。

【参考】財団法人国際花と緑の博覧会記念協会 http://www.expo90.jp/index.html
コスモス国際賞 http://www.expo-cosmos.or.jp/
(2007年受賞者紹介 http://www.expo-cosmos.or.jp/jusyou/2007.html

|

2007年7月 2日 (月)

Osaka by Water

Yodogawa_12Exploring Osaka's waterways reveals the many different characters of the city. Summer is a good time of year for strolling the riverbanks and enjoying the atmosphere of the heat on the cool water — and each river brings a different experience.

In the north, Yodogawa runs by the modern towers of Umeda, yet the reed beds along its banks are home to wildlife that remind us of Osaka's origins as a wetland. The banks inside the levees are broad and well used by the local people for all sorts of sports and recreations — a great place for people watching.

Yodogawa_21 Meanwhile, the Dojimagawa runs gracefully through Yodoyabashi, Osaka's stately civic centre, under old stone bridges and willow trees.

Further south, the Dotonbori canal cuts through Namba and Shinsaibashi, the entertainment heart of the city with its fascinating mix of the old Osaka of Sakunosuke Oda and a modern vibrancy and creativity that compares well with New York's East Village or London's Camden.

Yodogawa_56 Riverside redevelopment in this area, although not finished, promises an exciting new aspect, with water-level boardwalks along the Dotonbori and lots of new cafes, restaurants and bars.

I have mentioned only my three favourite stretches of waterway, there are many more in Osaka. Getting off the thoroughfare and down by the water gives the explorer an entirely new perspective on the city and shows off its many, diverse faces.

(Text by Chris Page, Kansai Scene editor, Photos by Laura Markslag)

|

2007年6月26日 (火)

大阪みてな帖 -雑貨と喫茶とエトセトラ-

 クリエイターやアーティストが地域の本を作る、という動きが、ここ数年目立ってきています。

 青森にあるアートスペースが発行した「在青手帖」、高知に住むクリエイター達が自費出版した「高知遺産」、新開地アートストリート事業の一環として発行された「湊川新開地ガイドブック」、尼崎南部再生研究所の若手メンバーがまとめた「メイドインアマガサキ本」etc. 地域の魅力を発信し、地域ブランドを作っていこうという動きに、編集・デザイン・広告の仕事を経験してきたクリエイター・アーティストが関わることで、ディレクションレベルの高い地域本が生まれてきているのです。
それは彼らにとっては、地域愛をカタチにする作業であるとともに、クライアントからの請け負いではない、自己表現のための活動でもあります。

_215_219 この4月に毎日コミュニケーションズから「大阪みてな帖 -雑貨と喫茶とエトセトラ-」という本が出版されました。大阪にある雑貨屋さんや喫茶店、大阪のおみやげ、神社やお寺、ミュージアムなどを、フランスの雑貨屋さんやカフェを紹介するような可愛いレイアウトで紹介しています。
この本を作ったのは「こけしマッチ制作所」の平坂公美さん・山田晶子さん・西海真輔さん。マッチの頭に顔を描いた「こけしマッチ」の制作・販売をメインの活動としつつ、本の企画・編集なども手掛けておられる方々です。
彼らは一時期、大阪にある同じ広告制作会社のデザイナー・コピーライターとして働いていました。普通のガイドブックに紹介されていない、コテコテではない大阪を紹介したい、という思いから、週末ごとに取材を重ねて、自分たちのテイストで大阪を編集していったそうです。

 “吉本・タコヤキ・タイガース”。コテコテな街としてのイメージが確立され、また海外メディアには「ヤクザの街・醜い街」とも紹介されてしまっている“大阪”。そんな大阪のイメージを変えていくためには、紋切り型ではない、私たちの周りにある風景や空気感を伝えてくれる大阪本、そして「大阪の編集=アートディレクション」の可能性について考えてみることも、大事かも知れませんね。

|

2007年6月21日 (木)

〈大阪映画〉はイチビリ精神の源!?

「イチビルってなんですか?」                   エッセイスト 武部好伸

 昨今、大阪弁が全国津々浦々に浸透してきているはずなのに、大阪人(ひろく関西人)以外の人には、いまだに「イチビル」だけはなかなか理解してもらえません。権威ある『大阪ことば事典』(牧村史陽編)には、「調子に乗ってはしゃぐ」「ふざける」などと説明されています。たしかにその通りなのですが、簡単に言葉で言い尽くせぬところに「イチビル」の深さがあります。感覚でとらえるニュアンスみたいなもので、「イチビル」を体感したとき、「大阪人でよかった」とぼくはしみじみと実感し、うれしくなってしまうんです。

Rimg0004 昨年暮れに封切られた映画『かぞくのひけつ』(小林聖太郎監督)は、それこそ出演者もスタッフもイチビリまくっていました。庶民の町、十三の商店街を舞台に、浮気癖のある不動産屋の父親(桂雀々)、やきもち焼きの勝ち気な母親(秋野暢子)、父の若い愛人(ちすん)の三角関係を通して、家族のあり方をコミカルに描いた作品です。

 これをまともに撮れば、シリアスすぎて胃が痛くなる。が、みな困難な事態に直面しても、そうガチガチにならず、ギャグのひとつでも言って笑い飛ばすほど心がまったりしています。家族の会話のなかにも、ちゃんとボケとツッコミがありました。

Rimg0006 公開に先立って開かれた記者会見も堅苦しいところがいっさいなく、和気あいあいとしたムードに包まれていました。そして笑いが渦巻いていました。〈大阪映画〉はこうでないとアキマヘン。

 これぞイチビリ精神! それは場の雰囲気を悪くさせないようにする大阪人の気配りの表れで、いわば才覚でもあります。心にゆとりがないと絶対に生まれません。この気概は立派な大阪ブランドだとぼくは思っています。イチビリ精神のない大阪(大阪人)なんて……、蛸の入っていないたこ焼きとおんなじです。もちろん、生っ粋の浪花っ子であるぼくはめちゃイチビリです!!

|

2007年6月18日 (月)

大阪の胃袋を支える中央卸売市場のにぎわい

 天下の台所、くいだおれ…何はともあれ、食と大阪は切り離せない。高級割烹からお好み焼き、たこ焼きまで、「食」こそが「大阪」からの連想がもっとも強くはたらくキーワードだろう。

 そんな食どころ大阪の胃袋を支える、大阪市中央卸売市場・本場(大阪市福島区)を取材した。水産や果物の仲卸店舗をたずね歩き、午前9時からの青果のせりを見学した。せり人(卸業者)の独特の節まわしや、仲卸業者たちの指のサインは、素人目にはさっぱり分からない。いったい、どんなサインが出され、誰に競り落とされたのか…それでも次々と品物は競り落とされ、出荷の準備がされていく。その他、場内には、食品衛生検査所―ココはまさに化学実験室そのもの―や資料室などもあり、中央卸売市場は今日も大阪の巨大な胃袋を支えている。

Photo_95

Photo_96

Photo_97

|

2007年6月11日 (月)

大阪発→世界にはばたく新発想ブロック

Soz_008

 ブロックは必ずキューブ状?いえいえ、そうとは限りません。大阪発、変幻自在な造形が可能な平面仕様ブロックを見れば、ブロックのイメージが変わるでしょう。パッケージには、ART TOY FOR CREATORS(クリエイターのためのアート・トイ)とあります。もともとは地味な存在だったこのアイテムを、新発想で世界ブランドに育てたのは、大阪のSOZ CORPORATION。パッケージ・デザインの大幅リニューアルをきっかけに注目され始めました。社名のSOZは、“創造”の意をこめたネーミング。今ではヨーロッパを中心に世界から注目されており、昨年5月にはパリ装飾博物館の永久保存コレクションに選ばれたほか、ニューヨーク近代美術館(MoMA)のミュージアムショップでも販売されています。

Photo_52

 そして、SOZがこだわるのは、“大阪”。パッケージの裏面やペーパーバッグにはMADE IN OSAKA, JAPANの一行が刻まれ、大阪というブランドをさりげなくアピールしています。大阪府内の工場で生産し、直営店も大阪のみ。東京経由でなく、大阪から直接世界にアクセスすることを目指す、と語る社長の富永さんは、30代前半の若き起業家。海外ではCool(カッコイイ)と評されることが多いというこのブロックが、Coolな大阪のイメージを運んでくれればと願っているそうです。

(水都にたたずむアデリーペンギン)

|