« 大阪の夏祭りの楽しみ方 | トップページ | 安倍晴明神社 七夕まつり(7/7) »

2009年7月 8日 (水)

愛染まつり(6/30~7/2) ~大阪の夏祭はここからはじまる~

「愛染さんじゃ、宝恵籠(ほ・え・かぁ~・ごっ)」。Kagomusume_3


公募で選ばれた愛染娘12名が、宝恵籠にゆられながら上町筋を行列。この囃子と光景をみると大阪の夏のはじまりといわれるほど、地元に愛されているお祭りなのです。

◇開催日◇

  毎年6月30日~7月2日の3日間

◇開催場所◇

愛染堂勝鬘院(しょうまんいん)

夏祭り=神社というのが一般的なのですが、こちらは珍しく“お寺”。元々は西暦593年聖徳太子が四天王寺を建立された際、病に苦しむ人のために薬草を植える施薬院として立てられました。祀られている愛染明王は主に良縁成就・夫婦和合の本尊として有名、かつ愛嬌開運にもご利益があるといわれ、女性や俳優さんが多く参詣にこられるんだそう。

◇愛染祭の由来◇
  
593年に聖徳太子が開いた日本最古の夏祭りといわれ、夏にむけて病気にならないよう 
にと願いを込めた「夏越(なご)しのお祓い」を受け継いだもの。6月30日の宵宮では総本山四天王寺の高徳僧侶が大集結し、厳粛な法要を行うとともに、7月1日が本尊である愛染明王の年に1度の縁日であることから、その2つの要素が合わさり「愛染まつり」となりました。ちなみに愛染まつりといえば連想されるのが「宝恵駕籠(ほえかご)」パレード。これは江戸時代の年号「宝永(ほうえい)」からきていてこの時代に芸妓さんが駕籠にのって愛染さんにおまいりにきていたのを再現したとわれています。

◇実際にいってみました!◇

べっぴんさんじゃ、ほえかご!Musumezenin

 「宝恵駕籠(ほえかご)」には現在、芸妓さんのかわりに公募で選ばれた愛嬌のある娘さんたちが載ってパレードをしています。今年の応募はなんと約400名。選ばれた12名がおそろいの浴衣をきて笑顔を振りまく姿はとてもキュート。 駕籠に乗って上本町から四天王寺経由でお寺にむかうのですが、参道には近所の人やカメラファンがワンサカ。ちなみに、この決まり文句の掛け声(「愛染さんじゃ、ほえかご、べっぴんさんじゃ、ほえかご!」)は「21世紀に残したい大阪の音風景」にも選ばれているほど。大阪にとっては夏の風物詩なのかもしれません。

最高のシャッターチャンス「かご上げ」Kagoage

 

どこをとっても絵になる愛染さんでカメラ小僧たちがねらうは、最後の「かご上げ」。パレードをおえて愛染堂に帰ってきた駕籠は多宝塔前で順々に男衆に持ち上げられグルグル、ユッサユッサ!とまわされます。もちろん中にはいっている愛染娘たちは落とされないように必死になりながら、にこやかに手をふって愛嬌をふりまいてくれます。 ちなみにこの駕籠上げ、いつから始まったのかは定かではないそうですが、昭和10年ごろには既に華として行われていたんだとか。その頃は芸者さんが駕籠に乗っていたため、壇那(スポンサー)が芸者さんを自慢しようと高々と駕籠をあげて見せびらかしたんだそうです。揚屋さん、置屋さん側が「うちのお店にはこんなべっぴんがいますよ!」とばかりにお店の看板芸者さんを宣伝する目的もあったとか。また豪快にゆっさゆっさと振られ、芸者さんが振り落とされそうな感じから「厄を振り落とす」という縁起担ぎになり、現在も「駕籠上げ」が続いているんだそうです。

愛染さんのシンボル花・ 愛染かつら

 Katsuranoki_3

この愛染さんで私が気になっていたのが、オレンジ色の花。娘さんの髪にはオレンジ色の花がドーン!と飾られているし、お守りはこのオレンジ色の造花に結わえられて「花守り」として売られています。 聞いてみると、これは「かつらの花」。これは愛染さんのシンボルだそうで、霊木であるかつらの木にノウゼンカツラがからみつくようにして花をさかせていたことから、この2つをあわせて「愛染かつら」と呼ばれるようになったとか。  このお祭りには氏子のおばあちゃん達がこの日のために作ったかつらの造花と、娘さんの笑顔があふれていて、華やかな雰囲気。ちなみに境内には真剣におみくじをひく女子高生たちの姿も多く、夏越の祓いというよりは、年に1度の縁結びの神様との結縁を求める参詣客が多いようにかんじました。
もちろん独身の私は花守りを購入。ご利益があるかどうか。みなさんも来年ぜひ。

◇2009年度スケジュール◇            Jyoshikosei_2

6月30日
13:00  宝恵駕籠パレード出発式
        (近鉄大阪上本町駅)
13:30  出発
上本町から四天王寺経由で
約2時間のパレード

15:30  愛染堂到着 かご上げ
17:00  夏越しの祓えの大法要(30分)

7月1日  ミス愛染娘コンテスト

6月30日~7月2日共通
        愛染明王と大日大勝金剛尊の特別ご開帳
        宝恵(ほえ)かご体験コーナー(写真撮影可能)
        18:00~20:00 演芸大会 など。

◇ 交通アクセス◇

 地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅下車 5番出口から徒歩2分

大阪ブランドセンター  松岡京子

|