« 露天(つゆのてん)神社 夏祭(7/17-18) | トップページ | 難波神社氷室祭(7/21-22) »

2009年8月 4日 (火)

感田神社 太鼓台祭(7/18-19)

Machinami_2 Fringe3pattern_4

 南海本線貝塚駅から徒歩5分ほどのところにある感田神社は昨年国登録文化財にも登録された由緒ある神社です。落雷や戦禍で建物の一部が焼失をしていますが、近代の神社施設の建築様式を伝えています。
ここの夏祭りは泉州地区でも最古の布団太鼓といわれ、2人の叩き手を乗せた7台の太鼓台が中北町・堀之町・南町・近木町・大北町・中町・西町の7地区から担ぎ出され、勇壮な姿を競います。

Kandataiko Taikodai1
この祭りの見所は重量約1.5トンもある太鼓台が7地区同時に15分間も担ぎっぱなしで、その力強さを競い合う「練りあい」です。
日に灼けた男達が顔を真っ赤にして激しく太鼓台を揺らし、担ぐ姿は感動に値します。
また、日が落ちると太鼓台いっぱいに提灯が飾られ、先に付けた縄を子どもが
曳きながら、担ぎ唄を歌い市内を練り歩きます。

Taikodaihiki Taikodaiup
ベーラ ベーラ ベラショッショ
石山の秋の月、牡丹に唐獅子竹に虎、虎追うて走るは和藤内、
和藤内お方に知恵貸そか、知恵の中山清閑寺、清閑寺の和尚さん坊さんで、
ぼんさん蛸さんじゅうろべさん、
卵のふわふわ上りんけ、今日は精進あしたにしよ、
ショショマカ ショショマカ ショッショッショ
信濃屋のお半さん、石部のお宿で仮枕
ベーラ ベーラ ベラショッショ

Yorutaiko Taikodainight
泉州と言えばだんじりが全国的にも有名ですが、太鼓台の上にある大きな房が激しく揺れる場景と、肩が一回りも二回りも腫れ上がるほどもなる担ぎ手の力強さは必見の価値がある祭りです。

 

Nasubi 雑記
やはり泉州の祭りだと思ったところに、出店の一つに水茄子やキュウリをそのまま串に刺し売っているお店がありました。結構人気なようで、生ビールとの相性も良さそう。出店から地域が見えた一コマでした。

(ブランドコラボセンター 古谷晃一郎)

■開催日
 毎年7月18・19日
■開催場所 大阪府貝塚市中905
TEL:0724-22-1446

■交通アクセス
南海本線貝塚駅下車西口より難波方面へ徒歩5分

|